いよいよ今年4月に日本公開されるディズニー実写版映画『美女と野獣』。

 主人公のベル役を映画『ハリー・ポッター』シリーズでお馴染みの人気女優エマ・ワトソンが演じるとあって、公開前から話題になっている同作の劇中で、エマが披露している歌声が、今週、思いがけない方法で世界中に初公開されてしまった!

美女と野獣 ディズニー実写版 スチール エマ・ワトソン Emma Watson

 エマの歌声が広まるキッカケとなったのは、ある一般人女性がインスタグラムに投稿した、彼女がクリスマスプレゼントに大手おもちゃショップのトイザらスで購入したというベルの人形の動画。

ベル人形 美女と野獣 Husbro ハズブロⒸamfrozr

 歌う人形として、アニメ版にも登場する劇中歌「サムシング・ゼア」(日本語版の曲名は「愛の芽生え」)が流れるこのベル人形の歌声を聞いたファンの間では、「これって、もしかしてエマの声なのでは?」と話題に。

 

エマの美しい歌声をチェック!

 女性が公開したベル人形の動画がコチラ。

 

A video posted by Lissa Ray (@amfrozr) on

 その後、この騒ぎを聞きつけたディズニーの映画プロデューサー、ジャック・モリッシーが自身のSNSでベル人形の音声が収められた動画を紹介し、「というわけで、(ベル人形は)トイザらスで発売中です!」と認めたことで、人形の歌声として使われている音源がエマ本人のものであることが判明。

 さらに、ディズニーが同作のオフィシャルフェイスブックページで音源の一部を公開した。

 アニメ版(英語)の「サムシング・ゼア(愛の芽生え)」。エマが歌っているのと同じパートは1‘30あたりからスタート。

 実は、米おもちゃメーカーのハズブロ(Hasbro)社が制作したこのベル人形は、2017年に入ってからの発売が予定されていたものの、動画を公開した女性の最寄りのトイザらスでは、手違いで少し早い年末にフライング販売されてしまったよう。

 今回の『美女と野獣』が初のミュージカル作品への主演となったエマ。予想外のハプニングによる公開となったけれど、想像していたよりもかなり美しい彼女の歌声が聴けるとは、ファンにとっては年末年始に嬉しいプレゼントとなったのでは?

 

This article is a sponsored article by
''.