オンライン辞書Dictionary.comが「今年の言葉」を発表し、2016年は残念な結果となってしまった。

今年の言葉 Dictionary.com Word of the Year  2016年 Xenophobia 外国人嫌い

毎年のトレンドを反映

 1年間にもっとも検索・使用された言葉を割り出して決まる「今年の言葉」は、例年、その年の世界情勢をあらわしてきた。

2015年―アイデンテティー(独自性・固有性)

この年、全米で同性婚が合法化されてLGBT+の権利が大きく飛躍。

2014年―エクスポージャー(さらされる・露出される)

エボラ禁の蔓延や個人情報の流出事件があった年だった。

2013年―プライバシー(私生活を他人に干渉されない権利)

アメリカ国家安全保障局による個人情報入手が告発された。

 

NEXT>

2016年の英単語はあれ!

2016年の英単語

 今年を代表する英単語はこれ。

Xenophobia(ゼノフォビア)

外国人嫌い・外国人恐怖症。他国、別の文化出身の人、他人に対する恐怖や嫌悪感。自分とは違う習慣、恰好、文化を嫌う・恐れる行為に対しても使われる。

 「ゼノフォビア」という言葉の検索率はイギリスがヨーロッパ連合からの離脱を決めた6月に938%も上昇し、その後もアメリカ大統領選にかけて頻繁に検索されたそう。

今年の言葉 Dictionary.com Word of the Year  2016年 Xenophobia 外国人嫌い バラク・オバマ米大統領が6月に「ゼノフォビア」という言葉を使った時も検索率が上がった。

「(ドナルド・トランプの)やり方は移民排斥だ。ゼノフォビアとも言えるかもしれない」―バラク・オバマ米大統領、2016年6月の記者発表にて

「(ドナルド・トランプは)ゼノフォビアのファシストだ」―俳優のジョージ・クルーニー、2016年3月にThe Guardian紙にて

 「他人との違い」がいつにも増して議論された激動の2016年。来年はこの結果からどう学びどう改善していけるか、世界が試される。

Text & Photo: フロントロウ編集部(FRONTROW)/ Sonia Kim、スプラッシュ/アフロ、Dictionary.com

This article is a sponsored article by
''.