世界で最も権威のある音楽賞と呼ばれる、グラミー賞の第59回ノミネート作品が発表され、アーティストやファンが盛り上がるなか、とあるアーティストが2015年にツイートした内容が話題になっている。

 そのアーティストとは、ティーンから絶大な人気を誇るシンガーのデミ・ロヴァート。

 

あるツイートが話題

 自身の5枚目となるアルバム『コンフィデント』でグラミー賞初ノミネートを果たした彼女は、2015年2月にこんなツイートをしていた。

デミ・ロヴァート Demi Lovato

「いつか私はグラミー賞にノミネートされてみせるわ。もうぐだぐだしてられない。いくわよ!」

 歯に衣着せぬ発言で人気の彼女らしい力強い宣言には、「あなたならきっと出来る」「あなたこそふさわしい」というファンからの応援メッセージが寄せられていたものの、一部SNSユーザーからは、「ありえない」「あなたには無理」といった厳しい意見も上がっていた。

 そんな批判をよそに、デミは宣言から約8ヵ月後の10月に、アルバム『コンフィデント』を発売。それから約1年後、同作品で第59回グラミー賞の「最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム」へのノミネーションを果たした。

コンフィデント アルバム デミ・ロヴァート

 宣言通り見事夢を叶えたデミに、ファンからは「夢を叶えたのね!」「あなたのことを誇りに思うわ!」と彼女のノミネーションを喜ぶコメントが寄せられている。

デミが喜びをツイート

 デミは、ノミネートの喜びを何度かに分けてツイート。

デミ・ロヴァート Demi Lovato

「今までで一番最高のニュースで目覚めたわ!ワオ、(グラミー賞を主催する)レコーディング・アカデミー、本当にありがとう」

「いまだにグラミー賞にノミネートされたなんて信じられない。みんな、私がどれほど感謝と幸せを感じているか分かるかしら…ワオ」

「この日のことを一生忘れない。何年も思い続けて、ついに叶えることが出来たこの夢とともに眠りにつくわ。#光栄 #感謝 #夢のよう

 

 また、デミの友人たちも彼女のノミネートを祝福している。

ニック・ジョナス ジョー・ジョナス ベラ・ソーン ルーク・ロックホールド

左からニック・ジョナス、ジョー・ジョナス、ベラ・ソーン、ルーク・ロックホールド。

ニック・ジョナス(デミの親友で共にツアーを行ったシンガー)

「嬉しいよ。デミ・ロヴァート、君は(この賞に)相応しい。誇りに思うよ」

ジョー・ジョナス(デミの元恋人でバンドDNCEのヴォーカル)

「デミ・ロヴァート、グラミー賞のノミネートおめでとう!君は本当にこの賞に相応しい人だよ!」

ベラ・ソーン(デミと仲の良い、ドラマ『シェキラ!』の女優)

「すごく嬉しい。あなたのことをとても誇りに思うわ!」

ルーク・ロックホールド(デミとロマンスがウワサされている相手)

「グラミー賞へのノミネートおめでとう、デミ・ロヴァート。目覚めるには最高のニュースだ! 自分のことのようにワクワクするよ!」

 

 長年の夢であるグラミー賞へのノミネートを果たしたデミ。その結果は、2017年2月12日に明らかになる。

 

Text & Photo: フロントロウ編集部(FRONTROW)/ Megumi Kuga、スプラッシュ/アフロ、ニュースコム、Demi Lovato

This article is a sponsored article by
''.