2017年1月にアメリカ大統領の任期を終えるバラク・オバマ米大統領が、退任後に家族と過ごすために借りた豪邸の写真が公開された。
画像: カロラマは大使館員や議員が多く住む高級住宅街。

カロラマは大使館員や議員が多く住む高級住宅街。

シークレットサービスが警備レベルアップ

 ワシントンD.C.のカロラマという高級住宅街に建つ新居は、760平米以上の広さと9部屋ものベッドルームを有する大豪邸。

 一家は次女サーシャちゃんが学校を卒業するまではワシントンD.C.に残ることを以前から明かしており、約7億円の価値があるこの物件を月約220万円で賃貸するという。

玄関広場
画像1: 【写真】オバマ米大統領が退任後に暮らす家賃220万円の新居内部がこちら
リビング
画像2: 【写真】オバマ米大統領が退任後に暮らす家賃220万円の新居内部がこちら
キッチン
画像3: 【写真】オバマ米大統領が退任後に暮らす家賃220万円の新居内部がこちら
書斎
画像4: 【写真】オバマ米大統領が退任後に暮らす家賃220万円の新居内部がこちら
キッチン
画像5: 【写真】オバマ米大統領が退任後に暮らす家賃220万円の新居内部がこちら
バスルーム
画像6: 【写真】オバマ米大統領が退任後に暮らす家賃220万円の新居内部がこちら
ベッドルーム
画像7: 【写真】オバマ米大統領が退任後に暮らす家賃220万円の新居内部がこちら

 アメリカの大統領は退任後もシークレットサービスによる特別な警備を受けるため、この物件にはシークレットサービスの警備基準に合格する防犯設備が整えられるはずだ。

This article is a sponsored article by
''.