ディズニーの実写版映画『美女と野獣』の予告編が11月14日に公開され、多くのディズニーファンがその出来に胸を躍らせるなか、1991年のアニメ版と今回の実写版の映像を比較した動画が公開された。

 

 この動画はアメリカの映画情報サイトMovie Pilotが作成したもの。左半分にアニメ版を、右半分に今回リリースされた実写版の予告編映像を組み合わせ、2つのそっくりさを実感できるものとなっている。

 注目作だけあってすでに5,000万回以上も再生されており、さらには13万件ものコメントがついているほか、95万回以上もFacebookでシェアされているという人気ぶり。

 その動画がこちら。

 また、実写版『美女と野獣』の予告編は、公開から24時間で1億2,760万回再生され、映画『フィフティ・シェイズ・ダーカー』のもつ1億1,400万回という記録を塗り替えて「公開から24時間で最も再生された予告編」1位の座を獲得した。

 映画『美女と野獣』の全米公開は2017年3月17日、日本では4月21日とまだ先ではあるものの、公開前から大きな注目を集めている。

 

【関連記事】フェミニスト女優のエマならでは!『美女と野獣』実写版とアニメの2つの違いって?

【関連記事】待ってました!エマ・ワトソン主演『美女と野獣』のファーストルックが多数公開!

Text & Photo: フロントロウ編集部(FRONTROW)/ Megumi Kuga、スプラッシュ/アフロ、ニュースコム

This article is a sponsored article by
''.