ツイッター上で写真にスタンプを貼れるサービス「ステッカー(Stickers)」に、新たにジャスティン・ビーバーが参入。本人も大喜びして使い、ファンを喜ばせている。
画像: 日本でも使える!ジャスティン・ビーバーが自分の「ステッカー」で遊ぶのにハマる

 ジャスティンのステッカーが公開されたのは、彼の最新アルバム『パーパス』の発売から丸1年経った今月13日。

 「ジャスティンの顔」「バラのタトゥー」「ハット」「ギター」「水」「サングラス」「サイコロ」「スケートボード」と、全8種類のステッカーがある。

 ジャスティン自身も発表当日に「ツイッターありがとう」と喜ぶと、ステッカーを貼った写真を投稿したり、ファンがステッカーを使った写真をリツイートしたり、さっそくハマっている様子。

画像: 自分の写真に、バラのタトゥーとキャップのステッカーを貼ってアップ。

自分の写真に、バラのタトゥーとキャップのステッカーを貼ってアップ。

画像: こちらはジャスティンがリツイートした、ファン作の1枚。

こちらはジャスティンがリツイートした、ファン作の1枚。

画像: 土砂降りの雨の中でパフォーマンス中の写真に、大好きなスケートボード、雨にかけて水、実際に体にも入っているバラのタトゥーのステッカーを貼って。

土砂降りの雨の中でパフォーマンス中の写真に、大好きなスケートボード、雨にかけて水、実際に体にも入っているバラのタトゥーのステッカーを貼って。

画像: 現地時間11月17日に、自身のデビューアルバム『マイ・ワールズ』のリリース7周年を記念したツイートにも、ステッカーの加工が。

現地時間11月17日に、自身のデビューアルバム『マイ・ワールズ』のリリース7周年を記念したツイートにも、ステッカーの加工が。

 このサービスは使用したステッカーをクリックすると、そのステッカーを使った人が分かるシステムになっている。日本でもツイッター上で使えるので、ジャスティンのステッカーで加工を楽しんでみては?

This article is a sponsored article by
''.