SNSで一投稿につき約1,250~3,000万円の広告料を稼ぐカリスマモデルのケンダル・ジェナーが、デトックス目的で閉鎖していたインスタグラムを約1週間ぶりに再開。

 これまでとは違うスタイルの写真を投稿しており、アカウント価値に変化があるかもしれない。

ケンダル・ジェナー Kendall Jenner インスタグラム 閉鎖 復帰 世界で最も稼いでいるモデルの1人であるケンダル・ジェナー。写真はi.am+ BUTTONSの広告より。

フォロワー数世界12位

 ケンダルのインスタグラムでのフォロワー数は、現在6,800万人以上で世界12位。

 それだけにアカウントで商品やイベントを宣伝する時には高額の広告費を請求できて、その額は、SNSの価値を検出するサービスD'Marieの調べで、約1,250~3,000万円と言われている。

「ちょっとした休憩のつもりよ。これまで、朝起きて一番にチェックして、夜ベッドに入って寝る前にもチェックしてって感じで…自分でもちょっと依存しすぎかなって不安になってきたの」―ケンダル、TV番組『エレンの部屋』で脱SNSした理由を説明して

【関連記事】そういうことか!ケンダル・ジェナーがインスタグラムを閉鎖した理由を明かす

 

NEXT>

インスタに復帰!投稿した写真に変化が

1週間ぶりに復帰

 ケンダルは11月20日(日本時間の今朝)、約1週間ぶりにアカウントを再開。投稿された3枚の写真はどれも、カメラが趣味であるケンダルが撮影したアート色の強いものだった。

ケンダル・ジェナー Kendall Jenner インスタグラム 閉鎖 復帰 上段3枚の写真が復帰後に投稿したもの。

 いつもとの変化には早くもファンから、「帰ってきた途端にスタイル変えた?」「アーティスティックだね」などの声が。

 ケンダルのアカウントはカリスマモデルである彼女のプライベートが見られるからこそ人気があり、それゆえに広告価値が高いアカウント。

 今後アート色の強いアカウントへと変化したり、アカウント価値に影響が出ることは間違いないだろう。

 この変化が一時的なものなのか、本当にスタイル変えするのか、今後のケンダルの動きには業界全体が注目している。

Text & Photo: フロントロウ編集部(FRONTROW)/ Sonia Kim、スプラッシュ/アフロ、ニューコム、Instagram/Kendall Jenner

This article is a sponsored article by
''.