日本でも話題になっている、性別にとらわれずに好きなファッションやメイクを楽しむ「ジェンダーレス」の流れ。そんな時代の変化を汲んで、アメリカの大手コスメブランド、CoverGirl(カバーガール)が新広告塔に17歳の男性を起用して話題になっている。
画像1: 男子もメイクを楽しむ時代!ケイティが推す17歳高校生が大手化粧品会社の顔に抜擢

 今回、同ブランドの新しい顔に選ばれたのは、ニューヨーク出身で、地元の高校に通う傍らメイクアップアーティストとして活動しているジェームス・チャールズ。

画像: ナチュラルなメイクから、カラフルで個性的なメイクまで、女子顔負けのテクニックを披露しているジェームス。

ナチュラルなメイクから、カラフルで個性的なメイクまで、女子顔負けのテクニックを披露しているジェームス。

 2015年にYouTubeチャンネルを開設し、メイクテクニックを披露したところ口コミで人気が拡大。現在では58万人以上ものインスタグラム・フォロワー数を誇るネットセレブとして知られている。

 CoverGirlといえば、現在も広告塔を務めるシンガーのケイティ・ペリーのほか、過去には、シンガーのテイラー・スウィフト、ピンク、女優のゼンデイヤといった錚々たる有名セレブが「時代をつかさどる顔」として起用されてきた人気ブランド。

画像2: 男子もメイクを楽しむ時代!ケイティが推す17歳高校生が大手化粧品会社の顔に抜擢

 そんな名誉あるスポークスパーソンの1人として男性が起用されるのは、ジェームスが初めて。

 さらに、弱冠12歳にして同性愛をカミングアウトしたことでも知られる彼が抜擢されたことには、LGBTコミュニティへのより深い理解やサポートを促進するという面でもとても大きな意味がある。

画像: ケイティが自身のSNSを通じてジェームスの広告塔就任を発表。「彼を新広告塔として紹介できるなんて光栄!」と絶賛するほどジェームスを猛プッシュしている。

ケイティが自身のSNSを通じてジェームスの広告塔就任を発表。「彼を新広告塔として紹介できるなんて光栄!」と絶賛するほどジェームスを猛プッシュしている。

 ジェームスは今後、同ブランドの新作マスカラのCMほか、ケイティとともにさまざまなキャンペーンに登場予定。

 男子も思いっきり好きなメイクを楽しめる時代が、もうすぐ目の前まで来ている!

This article is a sponsored article by
''.