年収約10億円の人気モデル、ケンダル・ジェンナーが、自身が12歳のころにジャスティン・ビーバーに夢中だったことを明かした。
画像: ケンダル・ジェンナー、12歳のころジャスティン・ビーバーが好きだったと告白

 W誌のインタヴューで子供のころに好きだった有名人について尋ねられたケンダルは、ディズニー・チャンネルのドラマ『スイート・ライフ』の、「ザックとコーディが大好きだったわ」と回答。

画像: コーディ役のコール・スプラウス(左)と、ザック役のディラン・スプラウス(右)は双子の兄弟。

コーディ役のコール・スプラウス(左)と、ザック役のディラン・スプラウス(右)は双子の兄弟。

 続けて、「あとは誰だろう…? ああ、ジャスティン・ビーバーはポップ・スターみたいな存在だったわ。12歳のころに大好きだったのよね」と、ジャスティンに憧れていた時期があると告白した。

過去にウワサになっていた2人

 憧れていたことを告白した後、「今はもう違うけどね!」と、現在の思いについてはしっかりと否定したケンダルだけれど、実は過去にジャスティンとウワサになったことがある。

画像: 昨年、野外音楽イベント、コーチェラ・フェスティバルに参加していたジャスティンとケンダル。

昨年、野外音楽イベント、コーチェラ・フェスティバルに参加していたジャスティンとケンダル。

 当時ケンダルは2人の関係を、「家族ぐるみの友人なだけ」とニュース番組『ナイトライン』で否定していたものの、昨年ジャスティンがBillboard誌にケンダルとの関係を告白。

 そこで「ケンダルとは真剣な関係ではなかった」とコメントしたため、「気軽な関係はあったということ?」と、ちょっとした騒ぎになっていた。

 実際の2人の関係は謎のままだけれど、12歳のころに憧れていたポップスターとウワサになれるだけでもすごい。

This article is a sponsored article by
''.