2017年にシーズン7の放送をもって終了することが決定した『プリティ・リトル・ライアーズ』。最近、フロントロウ編集部でも主要キャストたちの母親役の撮影終了をお伝えしたけれど、ついに昨日、シリーズとしての全撮影が終了したと発表された。
画像: 『プリティ・リトル・ライアーズ』撮影終了日にキャストが別れのメッセージ

 2010年に開始され、実に7年もの間続くこととなったシリーズのキャストたちによる、『プリティ・リトル・ライアーズ』へのお別れメッセージを一部ご紹介。


アリソン役サーシャ・ピーターズ

画像: ©Sasha Pieterse

©Sasha Pieterse

「この日が来たなんて信じられないわ。数時間後には、私の第2の家で最後の仕事をしなくちゃいけないの。喜びと悲しさの涙でいっぱいになるだろうけど、家族と呼べる人たちとともに、この経験を共有できることにずっと感謝し続けるわ」


アリア役ルーシー・ヘイル

画像1: ©Lucy Hale

©Lucy Hale

「私にとってかけがえのない人たちのいる第2の家と、私という人間を形成する手助けとなったキャラクターにお別れを言う日が来たのね。今日はほろ苦い気持ち、でも私たちがやり遂げたことを誇りに思うわ」

画像2: ©Lucy Hale

©Lucy Hale

「第1話のこの写真から今日まで…さよならアリア。あなたは私の人生の大部分を占め、そしてある意味で、私という人間そのものの一部となった。あなたが恋しい。ちょっと変わってる衣装も、愛のためならなんでも出来ちゃうところも、そしてあなたの友達のこともね。いつまでも私の心に在り続けるわ!!」


スペンサー役トローヤン・ベリサリオ

画像: スペンサー役トローヤン・ベリサリオ

「『プリティ・リトル・ライアーズ』の撮影最終日に、(婚約者の)パトリック・アダムスからスペンサーとしての私宛に手紙を貰ったの…(スペンサーに)ありがとうとさよならを言うわ。こんなにつらいなんて、思ってもみなかった」


ハンナ役アシュレイ・ベンソン

画像1: ©Ashley Benson

©Ashley Benson

「7年が経ち、お別れを言うときが来たわ」

画像2: ©Ashley Benson

©Ashley Benson

「今は何もなくなってしまった、私が家と呼んでいたこの部屋で、これまでの7年間を振り返っていたの。この経験を一生忘れない。人生に大きな影響を与えてくれた素晴らしい人たちと働けて、私は本当にラッキーだった。現場以外でも、みんなは私の家族なんだって知れて、とても幸せよ。

 そしてファンのみんなへ…本当に愛してる以外に、なんて言えばいいの? 私と共にこの旅をしてくれて、そしてたくさんのサポートをしてくれてありがとう。あなたたちなしでは、私はここにいられなかったわ。ハンナに別れを言わなければいけないのが悲しい…でもこの先の未来に何が待ち受けているのか、ワクワクもしているの。みんながずっと私の傍にいてくれるって分かっているから、私は幸せなのよ」

エミリー役シェイ・ミッチェル

画像: ©Shay Mitchell

©Shay Mitchell

「涙をこらえることができないわ。この素晴らしい番組(の終わり)を悲しむんじゃなくて、お祝いしなきゃいけないのに。でも今は涙をこらえるのが難しそう…」

「それにみんなが素晴らしいサポートや私たちの番組の思い出の写真をツイートしているのを見ちゃっているのよね、でもそれを見るのが好きなの…」


ケイレブ役タイラー・ブラックバーン

画像: ©Tyler Blackburn

©Tyler Blackburn

「ケイレブ・リバースよ永遠に。感情的にも、これまでで最も挑戦的な日々のうちの1つだった。途方にくれてるよ。でも感謝もしてる。#プリティ・リトル・ライアーズの家族を愛してる」


エミリーの母 パム役ニア・ピープルズ

画像: ©Nia Peeples

©Nia Peeples

「この素晴らしい人たちのことを恋しく思うわ…最高の7年間だった」


 このほかにも、キャストのSNSや、『プリティ・リトル・ライアーズ』の公式ツイッターにはドラマとの別れを惜しむメッセージがたくさん投稿されているので、ドラマのファンはぜひチェックしてみて。

 『プリティ・リトル・ライアーズ』の最終話は、2017年の6月に2時間のスペシャル版として全米で放送される予定となっている。

『プリティ・リトル・ライアーズ』の主要キャストたち、母親役との別れを惜し

This article is a sponsored article by
''.