今年4年連続で「Forbes誌が選ぶ世界一稼ぐDJ 1位」という称号を手にしたカルヴィン・ハリスが、新曲「マイ・ウェイ」をリリース。世間では、慣れ親しんだ状況から抜け出して成長することを歌った同曲が、6月に別れたシンガーのテイラー・スウィフトに宛てたものだと見る人が後を絶たない。

スコットランド出身のDJであるカルヴィンは、年収約69億円で世界のDJ長者番付で4年連続1位に輝いている。

カルヴィンは約69億円の年収を誇る、業界で最も稼ぐDJ。

 

カルヴィンはテイラー説を否定

 約1年の交際の末、今年6月にテイラーと破局したカルヴィン。当時は円満破局を主張したが、その後テイラーがカルヴィンの曲を共作していたことを世間に明かし、それに激怒したカルヴィンがツイッターで彼女を批判。関係は悪化し、カルヴィンも最近になって破局騒動を振り返り「地獄のようだった」と語った。

 しかしカルヴィンは、新曲「マイ・ウェイ」がテイラーについての曲であることを否定。実際は無名時代に音楽に専念したいのに生活のためにスーパーでのアルバイトを続けていた頃に思いついた曲だと、ラジオ番組『エルヴィス・デュラン・モーニング・ショー』で明かしている。

交際中だったころの、テイラーとカルヴィン。 テイラーとはファッションイベントで出会い、約1年交際。

それでも世間は信じず

 ただ世間は、カルヴィンのその説明に納得してはいない様子。

 ネット上では、「間違いなくテイラーへのディスソングでしょ」「テイラーのことじゃないって言われても(笑)」「わたしは絶対テイラーについての曲だと思う」と、テイラー説を唱えるコメントが後を絶たない。

 テイラー説を過熱させている原因となっている、曲の歌詞をチェック。

「マイ・ウェイ」歌詞和訳

言うのを待つ必要があるだろうか/少なくとも僕は僕なりのやり方でやった

眠れず横たわり/二面性があるよね

でも僕も心では分かっているんだよ

僕は僕なりにアクションを起こした/すべては君のためだった

今はすごく遠く離れた気分だよ

 

僕の道を邪魔するのは君だけだ

僕の道を邪魔するのは君だけだ

僕の道を邪魔するのは君だけだ

僕の道を邪魔するのは君だけだ

僕の道を邪魔するのは君だけだ

僕の道を邪魔するのは君だけだ


マイ・ウェイ、オーウェイ、オーウェイ、オーウェイ
マイ・ウェイ、オーウェイ、オーウェイ、オーウェイ
マイ・ウェイ、オーウェイ、オーウェイ、オーウェイ
マイ・ウェイ、マイ・ウェイ、マイ・ウェイ

※この後繰り返し

 曲の題材について議論が進むなか、「マイ・ウェイ」は発売2日で13ヵ国以上のiTunesで1位を獲得し、現在ツイッターで最もシェアされている曲のひとつとなっている。

Text: フロントロウ編集部(FRONTROW)/ Sonia Kim Photo: ゲッティイメージズ、アフロ

This article is a sponsored article by
''.