1960年代にモデル兼シンガーとしてデビューし、その華奢な体型から木の小枝を意味する愛称で親しまれ、カラフルでモードな当時のファッション界を象徴する存在だったツイッギー。

画像1: 60年代に一世を風靡 67歳になった伝説のモデル「ツイッギー」が今も美しい!

 「ピクシーショート」と呼ばれるボーイッシュなショートヘアに、人形のように幾重にも重ねられたバサバサまつ毛がトレードマークの、ロンドン出身の彼女が当時身にまとっていたファッションやメイクは、50年近くたった今もなおレトロ・ファッション好きの女性たちに愛され続けている。

画像2: 60年代に一世を風靡 67歳になった伝説のモデル「ツイッギー」が今も美しい!

「ミニスカートの女王」と呼ばれ、当時の年収は約36億円(1000万ドル)を超えていたとも言われている。この功績がどれだけ凄いかは、現代のモデルたちの年収と比べてみると分かりやすい。

画像: あまり笑わないクールな表情が人気だった。

あまり笑わないクールな表情が人気だった。

画像: 日本でも有名企業の広告やCMにも多数登場。親日家として知られ、その後も何度も来日している。

日本でも有名企業の広告やCMにも多数登場。親日家として知られ、その後も何度も来日している。

 そんな時代を超えたファッション・アイコンの彼女が今週(9月19日)、67歳のバースデーを迎えた。

 キュートで活発な印象だった昔の印象とはひと味違う、エレガントな美しさを手に入れた現在の彼女の姿がコチラ!

画像: 先週末にロンドンで開かれた英VOGUE誌主催のパーティーにて。

先週末にロンドンで開かれた英VOGUE誌主催のパーティーにて。

画像: 鮮やかなレッドのジャケットで小粋に。一緒に居るのは、今年で結婚28年目の夫で俳優のリー・ローソン。

鮮やかなレッドのジャケットで小粋に。一緒に居るのは、今年で結婚28年目の夫で俳優のリー・ローソン。

画像: 67歳とは思えないほど、現在でも抜群のプロポーションをキープ!

67歳とは思えないほど、現在でも抜群のプロポーションをキープ!

 現在も女優や歌手、ファッションデザイナーとして現役で活躍しているツイッギー。ゆっくりペースながらツイッターも更新しているので、気になる人はチェックしてみて。

This article is a sponsored article by
''.