多くのフォロワーを持ち、ため息が出るほど美しいセルフィーを日々アップしている人気セレブたち。そんな彼女たちも、実はキレイに写るために一生懸命に工夫している。自撮り名人のセレブたちから、そのテクニックを学ぼう。

セルフィー ミランダ・カー 方法 元ヴィクシーモデル仲間のリリー・オルドリッジと一緒に。  ©Miranda Kerr

 

ミランダ・カーは角度にこだわる

 人気モデルのミランダ・カーは、セルフィーを撮る時には必ず上目づかいでカメラを見ることを心がけ。そしてポイントは、カメラを持った手をしっかりと伸ばし、斜め上から撮ること。そうすることで顔全体に光を当てることができ、さらに表情が柔らかくなる効果もあるそう。

さりげない上目づかいのフェミニンな魅力で惹きつけて。 ©Miranda Kerr さりげない上目づかいのフェミニンな魅力で惹きつけて。  ©Miranda Kerr

 

キム・カーダシアンはライティングにこだわる

 リアリティースターでセルフィーの女王の異名を持つキム・カーダシアンは、「光を上手に使うこと」が自撮りのコツだと伝授。直射日光の下よりも、日陰や夕方のソフトな日射しの中で撮影するほうが、顔に影ができずキレイに撮影できる。なかでも、キムのお気に入りのライニングは、なんと飛行機内のトイレのライト。

©Kim Kardashian 光をコントロールして、肌もキレイに演出。  ©Kim Kardashian

 

カーリー・クロスはキメの表情をつくる

 人気モデルのカーリー・クロスが大事にしているのは、自分が一番可愛く見える表情を見つけること。また歯を見せてニンマリと笑うのではなく、かすかな微笑みを作ることで魅惑的な表情になるとか。セクシーに口を尖らせるのも、カーリーのセルフィー定番ポーズ。

カーリー・クロス Kalie Kloss セルフィー テクニック コツ 自然光のなかで、かすかな微笑みを浮かべて。  ©Karlie Kloss

 

カイリー・ジェナーは何度も撮る

 リアリティースターのカイリー・ジェナーは、「SNSにお気に入りのセルフィーを一枚アップするために、500回は撮り直している」と告白。光を調整したり角度やポーズを変えてみることで、自分にとってベストな一枚を見つけることができるという。

シンプルに正面から。 シンプルに正面から。 次は小物をプラスして上目づかいに。 ©Kylie Jenner 次は小物をプラスして上目づかいに。 ©Kylie Jenner

 

 セレブのセルフィーテクニックをマネして、とっておきの一枚を撮ってみて。

Text: フロントロウ編集部(FRONTROW)/ Akiko Yamanaka  Photo:Instagram

This article is a sponsored article by
''.