シンガーのジャスティン・ビーバーがインスタグラムを閉鎖してから数日。その余波をもっとも感じているのは、ジャスティンのマネージャーであるスクーター・ブラウンかもしれない。

スクーターはジャスティンを発掘した人。 スクーターはジャスティンを発掘した人。

コメント欄がビリーバーの声でびっしり

 ジャスティンがインスタグラムを閉鎖すると、SNS上で行き場を失ったビリーバーたちが、スクーターのアカウントに集中。

 スクーターのアカウントはジャスティンとは関係ない投稿が中心だが、コメント欄は、「ジャスティン戻ってきて」「ビリーバーはジャスティンを愛してる」「あなたは私の太陽よ」などという、ジャスティンへのコメントで埋めつくされている。

スクーターのアカウントの投稿欄はビリーバーのコメントでびっしり。 スクーターのアカウントの投稿欄はビリーバーのコメントでびっしり。 奥さんとの写真にもジャスティンへのメッセージが次々と投稿されている。 奥さんとの写真にもジャスティンへのメッセージが次々と投稿されている。

 さらにコメント欄には別ユーザーから「ここはスクーターの家族を中心としたアカウントだからやめて」という苦情も書き込まれているが、現時点でビリーバーからのコメント投稿が止む様子はない。

 スクーター、まさかの二次災害。

Text: フロントロウ編集部(FRONTROW)/Sonia Kim Photo: ゲッティイメージズ、Instagram/Scooter Braun

This article is a sponsored article by
''.