ツイッター上で写真にスタンプが貼れる新サービス「Stickers(ステッカー)」に、ショービズ界が続々と参入している。

『ファンビ』もオリジナルを発表

 昨日、映画『ハリー・ポッター』のスピンオフ映画である『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』が、史上初めてStickersを使ったプロモーション企画を発表。

画像1: 『ファンビ』もオリジナルを発表

 11月の世界公開に向けたプロモーションとして、オリジナルのStickersを制作して日本を含む6ヵ国で展開している。

 Stickersは写真をアップする時に追加でき、投稿した後はハッシュタグと同じような仕組みで、他ユーザーがそのStickersを押すと同じStickersを使った人たちの写真が表示される。

画像2: 『ファンビ』もオリジナルを発表

 先週の日曜日に催された音楽祭MTV VMAでもStickersが導入され、ブリトニー・スピアーズが過去にVMAで見せたアイコニックなヘビのStickersや、ニック・ジョナスがベーコンを投げようとするStickersが登場。

画像: Twitter on Twitter twitter.com

Twitter on Twitter

twitter.com

 Stickersは新しくて面白いもの好きなSNSユーザーの間でじわじわと話題になっており、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の結果次第では、これからどんどんオリジナル・スタンプを制作する作品やセレブが増えていきそう。

This article is a sponsored article by
''.