シンガーのレディー・ガガが、30歳にして運転免許を取得した。

 先週の土曜日(7月2日)、ガガは「ついに免許を取得したの。私は自由よ。友達と車を乗り回すわ」とSNSで報告。とても嬉しかったようで、合格時の写真なども一緒に公開していた。

免許センターで笑顔を浮かべるガガ。 免許センターで笑顔を浮かべるガガ。 合格後に「神をたたえよ」と喜ぶガガの姿を見て、思わず試験官も笑顔に。 合格後に「神をたたえよ」と喜ぶガガの姿を見て、思わず試験官も笑顔に。

 ガガは今年の4月下旬に、友人を助手席に乗せて車を運転していたが、このときはまだ仮免許のみ。アメリカでは免許を持つ成人に同乗してもらえば仮免許でも路上で運転が出来るため、ガガも友人に協力してもらい、運転の練習をしていた。

EXCLUSIVE: Lady Gaga cruises the streets of LA in a 1971 Chevelle SS!

助手席に友人を乗せて車を運転するガガ。 助手席に友人を乗せて車を運転するガガ。

 州によって異なるものの、アメリカでは16歳や17歳から免許取得が可能。しかし、ガガはNY育ちで車があまり必要ではなかったことや、20代はツアーなどで忙しかったことから、仕事をセーブした今、30歳という少し遅めの年齢での免許取得となったよう。

Text: FRONTROW(フロントロウ編集部)/ Megumi Kuga Photo: AFLO, Instagram/Lady Gaga 

This article is a sponsored article by
''.