アメリカで最高峰のバレエ団のトップバレリーナが、美ボディをつくるためのルールを明かした。

 世界最高峰のバレエ団のひとつとして知られる、アメリカン・バレエ・シアターのプリンシパルを務めるトップバレリーナ、ミスティ・コープランドが、バレリーナのように美しいカラダをつくるためのアドバイス本『バレリーナ・ボディ(原題)』を出版し、必要な食事について明かした。

画像1: 米トップバレリーナが明かした美ボディに必要な食べモノとは?

 ミスティは著書で、美しくしなやかなバレリーナ・ボディを手に入れるためには、「良質な脂肪」がとても重要だと告白。普段から肉類を口にしないというミスティは、脂肪を燃焼する効果のあるオメガ3脂肪酸が豊富に含まれるマグロやイワシ、サーモンなどの魚類やナッツ類、また、コテステロール値を下げるオレイン酸が含まれるアボカドを積極的に摂ることをオススメ。

 しかもミスティいわく、「脂肪と食物繊維」は美ボディづくりと減量のための最強コンビなのだという。ケールやほうれん草など食物繊維がたっぷりと入った野菜を、良質な脂肪と一緒に食べることで、ダイエットの効果がぐんとアップすると明かしている。

画像2: 米トップバレリーナが明かした美ボディに必要な食べモノとは?

 また、極度の空腹による食べ好きを防ぐために、間食も抜かないのがミスティ流。オヤツにはナッツ類やぶどう、ブルーベリー、バナナ、乾燥パイナップルをチョイスし、普段からナッツ類は小さな容器に入れて、いつでも食べられるようにバッグに入れて持ち歩いている。フルーツはエネルギー補給のために、朝とダンスの練習の後に食べているそう。

画像3: 米トップバレリーナが明かした美ボディに必要な食べモノとは?

 最近では、バレエの要素を取り入れた、しなやかなボディを作るエクササイズは多いけれど、この食事法と一緒に取り入れれば、効果は倍増するのは間違いなさそう。ダイエットシーズン本番に突入した今、取り入れてみる価値アリ。

This article is a sponsored article by
''.