ディズニー・チャンネルが、新たなTV映画の制作を発表。その題材はなんと、「ゾンビ」。

タイトルはそのまま『ゾンビーズ』

 先週、ディズニー・チャンネルが新たに制作するTV映画の内容について、ゾンビを題材にしたミュージカル映画だと発表。タイトルは、ずばりそのまま『ゾンビーズ』で、2018年に放映予定だという。

画像: 画像はイメージです。

画像はイメージです。

 『ゾンビーズ』は、郊外にある「シーブルック高校」を舞台に、チアリーダーのアディソンと、ゾンビタウンからの転校生で、フットボールのスター選手であるゼッドが恋に落ちる物語。

 アディソン役を演じるのは、ドラマ『アメリカン・ハウスワイフ』のメグ・ドネリーで、ゾンビのフットボール選手、ゼッドをドラマ『ゴースト~天国からのささやき』のマイロ・マンハイムが演じる。監督を務めるのは、同じくディズニー・チャンネルのTV映画『ティーン・ビーチ・ムービー』に振付師として参加していたジェフリー・ホーナデイ。

画像: タイトルはそのまま『ゾンビーズ』

 そんな『ゾンビーズ』について、ディズニー・チャンネルの副社長であるアダム・ボネットはこうコメントしている。

 「私たちは、(ディズニー・チャンネルの)視聴者の人々に関連するテーマである、寛大さや多様性の受け入れ、個性や強い信念といったものを描く、人々に刺激を与えるこの物語をお届けできることにワクワクしています」。

 映画『バイオハザード』やドラマ『ウォーキング・デッド』など、ゾンビを題材にした作品が大きな支持を集め、ゾンビ・ブームとも言える近年。ついに、ディズニーも「ゾンビ」モノの制作に乗り出すこととなった。

画像: ドラマ『ウォーキング・デッド』

ドラマ『ウォーキング・デッド』

 ゾンビと人間の恋愛と言えば、最近だけでも映画『ウォーム・ボディーズ』や『ゾンビ・ガール』『ライフ・アフター・ベス』などがあったけれど、果たして『ゾンビーズ』ではどんな恋愛模様が描かれるのだろうか。

This article is a sponsored article by
''.