今日本でも話題になっている皮膚の病気である乾癬(かんせん)を抱えているセレブたちをまとめました。

 先日、モデルの道端アンジェリカが、「肌が汚い」などの中傷を受けて、皮膚の病気である乾癬を告白したことが話題になっている。実は海外セレブの中にも乾癬を抱えている人はおり、それぞれ自分にあった対処法や乗り越え方を発信している。

乾癬ってどんな病気?

 乾癬とは、慢性皮膚疾患の一種で、皮膚に赤い発疹ができたり、白色のフケのようなものができポロポロと剥がれ落ちたりと、人によって発症する場所や症状も異なる皮膚の病気。触れても同じプールや温泉に入っても移ることはなく、感染する病気ではないにもかかわらず、まだ世の中でも理解が足りずに乾癬で苦しむ人はたくさんいる。

乾癬を告白したセレブたち

キム・カーダシアン

 リアリティスターのキムは、2011年に自身のリアリティ番組『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』で乾癬を持っていることが発覚。母のクリス・ジェナーもキムが告白した歳と同じく30歳の時に乾癬の発症が出ている。

画像1: キム・カーダシアン

 イベントなどで肌を露出する機会が多いキムは、症状が出た時の応急処置としてサリー・ハンセン・エアブラッシュ・レッグスプレイを愛用。「本当に大好きなの! 発疹した部分を完璧にカバーしてくれるのよ」と太鼓判を押している。

画像2: キム・カーダシアン

カーラ・デルヴィーニュ

 モデル兼女優として幅広く活躍するカーラは、2013年に多忙なスケジュールに追われ、ストレスからくる乾癬にかかったことを明かした。ファッションウィークでは、脚に乾癬の痕があるままランウェイを歩いていたほど。過去にインタヴューで、「皆私に触る時はグローブを着けたり、触れたくない態度を見せるのよ。まるで私がハンセン病でも持ってるかのようにね」と人々に理解してもらえない苦悩を告白している。

画像: 映画『スーサイド・スクワッド』のプレミアにて。両腕をよく見てみると、小さく紅斑が出ているのが分かる。

映画『スーサイド・スクワッド』のプレミアにて。両腕をよく見てみると、小さく紅斑が出ているのが分かる。

リアン・ライムス

 カントリシンガーのリアン・ライムスも乾癬を抱えている一人。リアンはなんと2歳のころに乾癬にかかり、6歳の時には体の8割が疾患に覆われてしまい、いじめられていたという。ずっと肌を隠して生きてきたというリアンも、医療の進歩と健康を心がけた日々のおかげで今はだいぶ治まってきているそう。今は、乾癬に苦しむ人たちのためにキャンペーンを行ったりと積極的に活動している。

画像: リアン・ライムス

シンディ・ローパー

 ツアーの最中に乾癬が発覚したシンガーのシンディ・ローパーは、発覚した当時はどんな時もハイネックや長袖の服を着て必死に隠していたそう。現在は国立乾癬財団と協力して、乾癬についての理解を広めるためのキャンペーンを精力的に行っている。

画像: シンディ・ローパー

ステイシー・ロンドン

 4歳の頃から乾癬を抱えているファッションアドバイザーのステイシーは、子供にしてはかなり重い症状に苦しみ、「モンスターになった気分だった」と後に明かしている。そんなステイシーは大好きなファッションを通して少しずつ乗り越えていった。「キラキラした美しいドレスを着ると不思議と気分が落ち着いたのよ。」と話す彼女は、自分のセンスを仕事に活かし自信をつけたことが乗り越えるきっかけになった彼女は、自信をつけることの大切を伝えている。

画像: ステイシー・ロンドン

 15歳~30歳の間に症状が出る可能性が高いと言われる乾癬を抱えている人は、日本だけで約10万人~20万人。まだまだ認知度は低い病気だけれど、少しずつ理解していくことで乾癬で悩む患者の人の助けに繋がるはず。

This article is a sponsored article by
''.