現地時間の昨日(5月21日)、アメリカの3大音楽祭の1つと言われる「ビルボード・ミュージック・アワード」がラスベガスにて開催された。一体会場では何が起こっていたのか? 印象に残った10の場面をご紹介します。

1 ニッキー・ミナージュの9分にわたるパフォーマンス

 オープニングアクトを務めたのは、人気ラッパーのニッキー・ミナージュ。じつに9分間にわたるパフォーマンスを、スペシャルゲストのリル・ウェイン、ジェイソン・デルーロ、デヴィッド・ゲッタと共に行い、「ノー・フラウズ」「ライト・マイ・ボディ・アップ」「スワラ」をパフォーマンスした。

画像: 1 ニッキー・ミナージュの9分にわたるパフォーマンス

2 マイリー・サイラスが歌唱中に涙

 約2年ぶりの新曲であり、婚約者リアム・ヘムズワースへのラヴソングでもある「マリブ」を披露したマイリー・サイラス。感極まったのか、マイリーは歌の終盤に涙ぐんでいた。そんなマイリーに「私も泣けてきた」とコメントするファンが続出。

画像: 2 マイリー・サイラスが歌唱中に涙

2 ヴァネッサ・ハジェンズがラップ&セリーヌのカバーを披露

 映画『ハイスクール・ミュージカル』のヴァネッサ・ハジェンズが、カニエ・ウェストの「モンスターFEAT.ジェイ・Z、リック・ロス、ニッキー・ミナージュ&ボン・アイヴ」のカバーを披露し、ニッキー・ミナージュのラップパートに挑戦。さらにヴァネッサは、セリーヌ・ディオンの「ザ・パワー・オヴ・ラヴ」も見事な歌唱力でカバーし、会場を大いに沸かせた。

画像: BillboardMusicAwards on Twitter twitter.com

BillboardMusicAwards on Twitter

twitter.com


4 ドレイクが最多13部門を受賞

 ラッパーのドレイクが、自身初受賞となる「トップ・アーティスト」賞を含める13部門を受賞し、これまでアデルが保持していた12部門受賞の記録を破った。またドレイクは、ラスベガスにある有名な噴水「ベラージオの噴水」から中継でド派手なパフォーマンスも行った。

画像: 4 ドレイクが最多13部門を受賞

5 シェールが15年ぶりのパフォーマンス

 映画『バーレスク』などでも知られるシンガーのシェールが、自身のヒット曲「ビリーヴ」や「イフ・アイ・クッド・ターン・バック」を披露。なんとシェールがアワードでパフォーマンスを行うのは、実に15年ぶりとなる。

画像: 5 シェールが15年ぶりのパフォーマンス

6 「あの名曲」に観客がスタンディングオベーション

 映画『タイタニック』の20周年を記念して、セリーヌ・ディオンがあの有名なテーマ曲「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」を披露。圧巻の歌唱力に、観客は1分にわたる大きな歓声とスタンディングオベーションを贈った。

画像1: Hollywood Reporter on Twitter twitter.com

Hollywood Reporter on Twitter

twitter.com

7 クリス・コーネルを追悼

 人気ロックバンド、イマジン・ドラゴンズのダン・レイノルズが、先週亡くなったアメリカのロックバンド「サウンドガーデン」のクリス・コーネルを追悼。「クリス・コーネルは真の革新者で音楽の創造者であり、そしてシアトルのグランジムーブメントにおける先駆者でした」とコメントした。

画像2: Hollywood Reporter on Twitter twitter.com

Hollywood Reporter on Twitter

twitter.com

8 ブルーノ・マーズがアムステルダムから中継

 現在開催中のツアー「24K・マジック・ワールド・ツアー」のためアムステルダムに滞在中のブルーノ・マーズは、現地からライブ中継で「ヴェルサーチ・オン・ザ・フロアー」を披露。ブルーノは「トップ・R&Bアーティスト」を含む3部門にノミネートされていた。

画像: Bruno Mars - Versace on the Floor [Billboard Music Awards 2017] www.youtube.com

Bruno Mars - Versace on the Floor [Billboard Music Awards 2017]

www.youtube.com

9 カミラ・カベロがソロとしてアワードに初登場

 昨年ガールズ・グループ、フィフス・ハーモニー突然脱退し世間を驚かせたカミラ・カベロが、ソロとしてビルボード・アワードに初登場。ゴールドの衣装に身を包んだカミラは、デビュー曲「クライング・イン・ザ・クラブ」とアルバム収録曲「アイ・ハヴ・クエスチョンズ」をセクシーなダンスとともに歌い上げた。

画像: 9 カミラ・カベロがソロとしてアワードに初登場

10 ノトーリアスB.I.Gの映画の予告編が公開

 アワード開催日の5月21日は、1997年に射殺されたラッパー、ノトーリアス・B.I.Gの45回目の誕生日。そのためラッパーのディディーとノトーリアスの息子のクリストファー・ジョーダン・ウォーレスが追悼を行い、さらにノトーリアスの所属レーベルや彼の死について描くドキュメンタリー映画『キャント・ストップ、ウォント・ストップ:ア・バッド・ボーイ・ストーリー』の予告編が初公開された。

画像: Can't Stop Won't Stop: A Bad Boy Story (Trailer) www.youtube.com

Can't Stop Won't Stop: A Bad Boy Story (Trailer)

www.youtube.com

 また、同アワードのツイッターでのハッシュタグ「#BBMAs」は実に10時間以上も世界トレンド入りを果たすなど、大きな盛り上がりを見せていた。

This article is a sponsored article by
''.