インスタで見栄を張ったせいで1,000万円の借金を抱えていたことをテレビ番組で告白したGENKING。海外セレブの間でも頻発している、偽りのインスタセレブ生活とは?

 5月28日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)“わたしだましてましたSP”にて、美容家にしてタレントのGENKINGが、インスタで偽りのセレブ生活を演出するために1,000万円の借金を抱えていたことを告白。

 GENKINGはブランド品や高級レストランの写真をインスタにアップする裏で、実際の収入は月20万円で、見栄を張ったせいでローン地獄に苦しんでいたことを明かした。

 じつはインスタで偽りのセレブ生活を演出しているのは、海外セレブの間でも見られる行為。

 5月にはラッパーのバウワウが公演先にプライベートジェットで向かう様子をインスタで投稿したものの、実際には一般旅客機に搭乗していたことがバレてファンの失笑を買った

 他にも2007年にシングル曲「クランク・ダット・ソウルジャ・ボーイ」が大ヒットしたラッパーのソウルジャ・ボーイも、SNSに札束を持つ写真を投稿するも、一枚目以外は白い紙なのがチラ見えしてしまい、投稿を削除したうえで「撮影現場の小道具を持っていただけだ」と弁明する始末となった。

画像: GENKINGだけじゃない!海外セレブもやる偽りインスタセレブ生活

 日常の一場面を切り取るため、偽りの生活を演出しやすいSNS。今回話題になっているGENKINGは、現在は借金を完済して見栄を張ることをやめたと明かしており、「SNSでツラい思いをするよりも身の丈に合った写真で楽しむべき」とアドバイスした。

This article is a sponsored article by
''.