大富豪とゴールインしたモデルのミランダ・カーが、結婚式のあとのディナーパーティで夫にラヴソングを披露していたことがわかった。

ミランダがエヴァンに捧げた曲とは?

 総資産5,000億円超と言われる大富豪のエヴァン・スピーゲルと結婚した人気モデルミランダ・カーが、式のあとに開かれたディナーパーティである曲を熱唱。

 その歌とは、過去に5度のグラミー賞を受賞しているカントリーシンガー、シャナイア・トゥエインの大ヒットシングル「スティル・ザ・ワン」。

 会場の外で、同曲を大熱唱するミランダの歌声がキャッチされた。

みんなは「彼らが結ばれることはない」って言ったわ。
だけど見て、私たちはまだ続いている。
私たちはまだ一緒にいるし、この関係は強くなる一方よ ― 「スティル・ザ・ワン」より

 「スティル・ザ・ワン」は、「一生、一緒にいたいのはあなた」や「あなたと結ばれることができて嬉しいわ」といった甘い歌詞がたくさん登場する、結婚式にぴったりのラヴソング。ミランダもこの歌の歌詞にのせて、エヴァンへの愛を表現した模様。

あのグラミー賞シンガーが特別に歌を披露

 ちなみにディナーパーティでは、グラミー賞受賞歴もある人気シンガーのジェイソン・ムラーズやコルビー・キャレイがステージで曲を披露したことを、関係者が米ニュースサイトのE!Newsに明かしている。

画像: あのグラミー賞シンガーが特別に歌を披露

 自宅での挙式に「庶民的」なんて声も上がっているけれど、さすがはトップモデルのミランダと人気SNSアプリ「スナップチャット」のCEOのエヴァンだけあって、ゲストはかなり豪華。

This article is a sponsored article by
''.