ドラマ『ゴシップガール』のブレイク・ライヴリーが、同年代の女優であるブリー・ラーソンのある行動を称賛。ブレイクに「触発された」と言わせたブリーのある行動とは?

 ドラマ『ゴシップガール』のブレイク・ライヴリーが称賛しているのは、27歳のアメリカ人女優ブリー・ラーソン。2015年に映画『ルーム』でアカデミー賞主演女優賞とゴールデン・グローブ賞主演女優賞のダブル受賞を果たした注目女優である。

 ブレイクがブリーを褒めたたえるきっかけとなったのは、こちらの写真。

画像: ブレイク・ライヴリーが米女優のある行動に感動、口だけの人間にならない!

 ブリーがSNSにアップしたこの写真は、ブリーが40分かけて友達とビーチで集めたゴミ。わずか120メートルほどの距離に、ゴミ袋9個分のゴミとタイヤが捨ててあったという。

この国(アメリカ)で地球のクリーンな未来についての議論が高まっている今、あなたがリーダーになって出来る小さな行為がまだたくさんあることをみんなに思い出してほしいーブリー・ラーソン、SNSで訴えて

 ブリーのこの行動をSNSで知ったブレイクは、この投稿をシェアしながらこう絶賛した。 

この投稿には触発されただけでなく、本気でやる意志を与えられたわ。真実を語ってくれてありがとう!アクションを起こして自分の役割を果たすより、他人がやっていることに文句を言う方が楽だよね。その点に関しては、私もやましい部分があるわ。今の私は、学び、成長し、変わっているわ。地球を守らないおバカさんの代わりに私たちが地球を守りましょう―ブレイク・ライヴリー

 SNSを使って訴えるだけでなく、自らがオフを利用してゴミ拾いをするという、一歩踏み込んだアクションを起こしたブリー。セレブだけでなく多くの人が見習いたい行動だ。

 ちなみにブリーは環境保護のために個人ができる行動の例として、電気自動車を選ぶこと、コンポスト(堆肥)ゴミ箱を使うこと、リサイクルに励むこと、オーガニックや地元で生産された食材を選ぶこと、ペットボトルなどのプラスチック容器は使わないこと、を挙げている。

This article is a sponsored article by
''.