6月20日は世界難民の日。ウクライナの難民だった、映画『ブラック・スワン』のミラ・クニスの壮絶な過去をご紹介。

6月20日は、世界難民の日

 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)が発表した報告書によると、世界中にいる国外に逃れた難民や難民申請者、国内で住まいを失った避難民の合計は、2016年末時点で過去最高の約6,560万人。

画像1: 6月20日は、世界難民の日

 近年、ますます注目を集める難民問題、じつはハリウッドにも難民だったセレブがいる。

 映画『ブラック・スワン』のミラ・クニスは、難民としてウクライナからアメリカへ渡った1人。そんなミラの壮絶な過去をご紹介します。

画像2: 6月20日は、世界難民の日

壮絶な過去を経験したミラ

 ミラは、米国版エスクァイア誌が選ぶ「世界で最もセクシーな女性」に選ばれたこともある、ハリウッドの第一線で活躍する大人気女優。
 
 そんなミラは、7歳の時に難民ビザを使ってアメリカに移住。ウクライナに生まれた彼女は、幼少期にユダヤ系であることを隠していたとインタビューで語った。

 その理由は、ユダヤ系であるミラの家族を含め多くのユダヤ人が、ホロコーストと呼ばれるユダヤ人迫害、殺りくにあっていたから。

 さらにウクライナ(当時のソ連)では、ユダヤ人虐殺があった第二次世界大戦が終結してもまだ、反ユダヤ感情が消えることはなく、ユダヤ系の子どもたちは日常的にいじめを受けていたという。

 渡米当初は、まだ英語が話せなかったミラは、英語を学ぶために演技教室に通い、その才能を開花させた。

画像: 壮絶な過去を経験したミラ

公私ともに幸せを掴んだミラ

 11歳の頃にはすでにプロの演者としてハリウッドで活躍し、2010年には親友のナタリー・ポートマンと共演した映画『ブラック・スワン』がアカデミー作品賞を受賞。

 さらに、長年友人だった「最もギャラが高いテレビ俳優」常連のアシュトン・カッチャーと2015年に結婚し、現在2児の母。公私ともに幸せを掴んだ。 

画像1: 公私ともに幸せを掴んだミラ
画像2: 公私ともに幸せを掴んだミラ

 自身の経験を明かしたミラを含めて、多くのセレブが増え続ける難民の問題に、支援を表明している。
 今年の難民の日は、国連が難民問題解決へ向けて、署名活動を行っているので、関心のある人はこちらを是非チェックしてみて。

This article is a sponsored article by
''.