ドイツで同性婚を認める法律が可決され、ネット上ではある合言葉が世界中で拡散中。

世界中で祝福ムード

 現地時間30日、ドイツで同性同士の結婚をする権利と養子を迎える権利を認める法案が可決された。

 ドイツはこれまで同性のパートナーを法的に認める一方で、養子縁組などを制限してきた。前述の法案が可決された今後は、同性愛者も男女の結婚と同等の権利が認められることになる。

画像: 世界中で祝福ムード

 同性婚の合法化を推進する際にネット上で使われていた「Ehefueralle(すべて人に結婚の権利を)」というハッシュタグが、法案が可決されるや否や一気に広がり、現在ツイッターのトレンド第1位にまで浮上。

 このハッシュタグは、ドイツ国内だけでなく世界中の人たちによって拡散され続けている。

This article is a sponsored article by
''.