現在海外で、日焼けをするためにコカ・コーラを肌に塗る人続出して話題になっている。

 海に行く季節が始まり、こんがりと健康的な肌を手に入れたいという人も多いはず。綺麗に肌を焼けるサンオイルがあるにもかかわらず、なんと代わりに炭酸ドリンクのコカ・コーラを肌に直接に塗る人が続出している。

 コカ・コーラには、キャラメル色の染料が入っており、その染料が肌をブロンズのような日焼け肌にして、さらに普通のサンオイルよりも早く肌が黒くなるという理由から人々はコラ・コーラを肌に塗っている。

画像: 海外でサンオイルの代わりにコカ・コーラを肌に塗る人が続出

じつはとても危ない行為

 コカ・コーラを肌に塗るのは、肌にとても悪く、健康にも害を及ぼす可能性がある。美容サイトAllureが皮膚科医にインタヴューしたところ、「肌にコカ・コーラを塗ると、確かに一時的に肌を黒くしてくれる働きはあるかもしれません。ですが、コカ・コーラは酸性です。確実に肌を傷つけることは間違いないので、普通のサンオイルを使用することをオススメします」と話した。

画像: じつはとても危ない行為

 驚きの方法だけれど、やはり肌に悪影響を与えるので、肌を焼きたいという人はコカ・コーラではなく市販の肌に優しいサンオイルを使った方が◎。

This article is a sponsored article by
''.