人気モデルのジジ・ハディッドに対し執拗なストーカー行為を行ったうえ、彼女の自宅マンションに不法侵入して逮捕された男性に実刑判決が下った。

自宅マンションに侵入、脅迫メッセージも

 2015年に若手トップモデルのジジ・ハディッドのニューヨークにの自宅に侵入したとして逮捕された当時35歳の男性に対し、今週火曜日(7月11日)、マンハッタン裁判所が実刑判決を下した。

画像: ジジが当時住んでいたニューヨーク・ソーホーのマンション。

ジジが当時住んでいたニューヨーク・ソーホーのマンション。

 24時間体制でドアマンが待機しているジジのマンションに、1週間のうちに5回も侵入を図ったというマーセル・ポーター被告は、逮捕のきっかけとなった不法侵入以外にも、彼女をつけまわしたり、自身のフェイスブックで「彼女は僕と結婚して子供を産みたがっている」、「今日はパープルのジャージとサングラスがよく似合っていたね、僕のソウルメイト」、「キミの友だちによろしく伝えてね、とくにテイラー・スウィフトには」、「どうして電話をくれないんだい? すぐに直接話をしに行くからね。愛してるよ」などの妄想発言を繰り返していた。

画像: パーカー被告は自身はジジと親交のあるシンガーのテイラー・スウィフトとも顔見知りだと妄想していたよう。

パーカー被告は自身はジジと親交のあるシンガーのテイラー・スウィフトとも顔見知りだと妄想していたよう。

 さらに、「何が起きたか分からないほどの素早さで監禁してあげる」と脅迫めいたコメントも残していたことから、恐怖を感じたジジは当時住んでいた約2.2億円のマンションを手放すことに。

 ポーター被告は逮捕後も捜査官に「一体いつ保釈してくれるんだ?僕は空港にジジを迎えに行なければならないんだ」などと繰り返したずねるなど、ジジへの執着が消えない様子を見せており、更生の気配が見られないことから、最長で3年間の禁固刑が科せられることに。

 現在は恋人で元ワン・ダイレクションのシンガー、ゼイン・マリクとニューヨーク市内の別のマンションで生活しているジジ。これでひとまずはホッとひと安心と言ったところだろうか。

This article is a sponsored article by
''.