先日、セレブからの支持率が高いドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』に登場したエド・シーランが、アニメの『ザ・シンプソン』に出演することが決定した。

俳優の次は声優、三角関係にもつれ込む

 ジャスティン・ビーバーやリタ・オラにも楽曲を提供しているヒットメーカーのエド・シーランが、世界中で大人気のアニメ『ザ・シンプソンズ』のシーズン29に出演することが決まった。

 エドが声優を務めるキャラクター、ブレンダンが出演する回は、昨年大ヒットを記録した映画『ラ・ラ・ランド』のパロディで『ハウ・ハウ・ランド(Haw-Haw Land)』というタイトルのエピソード。

画像: 俳優の次は声優、三角関係にもつれ込む

 作品の中でエドは映画『ラ・ラ・ランド』で主演を務めたライアン・ゴズリング的ポジションを務め、サックスが好きなリサ・シンプソンが、ブレンダンの才能に恋をするも、ガキ大将のネルソンが彼女の気を引くために歌で対抗し、三角関係にもつれ込むというストーリー。

画像: リサ・シンプソン。

リサ・シンプソン。

 エドが歌うシーンもあり、監督のアル・ジーンは「イギリスから電話してもらって録音したんだ」とEntertainment Weekly に語った。

 エドが出演する『ザ・シンプソンズ』シーズン29は、全米で2017年10月から放送がスタートする予定。

This article is a sponsored article by
''.