女優のヒラリー・ダフの自宅が強盗の被害に。彼女が不在であることを犯人が知ったきっかけはSNSの投稿!?

SNSを見て不在であることを確認!?

 元人気ディズニースターで、現在女優やシンガーとして活躍するヒラリー・ダフの自宅が、つい先日強盗の被害にあっていたことがわかった。幸い自宅には誰もいなかったため人的被害はなかったものの、数十万~数百万相当の宝石が盗まれたという。

画像: SNSを見て不在であることを確認!?

 ヒラリーの広報は、米Us Weekly誌に「とても恐ろしく動揺する出来事ではありますが、ヒラリーは彼女の家族、スタッフ、家、そしてペットたちに被害がなかったことに安堵しています」と、声明文を発表。続けて、今後、一層のセキュリティ強化をすることを明らかにした。

 ちなみに、ヒラリーと息子ルカ君が自宅にいないことを、犯人は彼女のSNSの投稿を見て知った可能性が高い。強盗の被害にあった当時、カナダで親子水入らずのバケーションを楽しんでいたヒラリーは、SNSにいくつかの写真と動画を投稿していた。犯人は、それらの投稿を見て、自宅に誰もいないことを知ったとみられている。

❤️✈️

Hilary Duffさん(@hilaryduff)がシェアした投稿 -

 こうしたSNSの投稿が原因でセレブが強盗被害にあうのは、実は今回は初めてではない。昨年にもリアリティスターのキム・カーダシアンが、SNSに高額なジュエリーの写真をアップしたことが原因で、旅行先のホテルで強盗に襲われるという被害が出ている。

This article is a sponsored article by
''.