ドラマ『ゴシップスガール』のチャック役で知られる俳優エド・ウェストウィックが、交際中の彼女とおそろいのタトゥーをゲットした。

 人気ドラマ『ゴシップガール』でチャック役を演じて人気を博した俳優エド・ウェストウィックは、現在モデル兼インフルエンサーのジェシカ・サーファーティと交際中。ジェシカのインスタグラムには、2人のラヴラヴな写真が多くアップされている。

画像1: 『ゴシップガール』のチャック役俳優が彼女とお揃いタトゥーをゲット
画像2: 『ゴシップガール』のチャック役俳優が彼女とお揃いタトゥーをゲット

お揃いのタトゥーをゲット

 そんな2人は、エドの30歳の誕生日にお揃いのタトゥーをゲットした。その写真をジェシカが自身のSNSにアップ。熱いキスを交わしながら腕をクロスさせた2人の腕には、矢が刺さった赤いハートマークのタトゥーが入っている。

画像: お揃いのタトゥーをゲット

 ジェシカは「私たちが蝶々になって、夏の3日間だけでも生きられたら…なんて思わず願っちゃったわ。たった3日間でも、あなたとだったら普通の50年過ごすよりも幸せでいっぱいよ。誕生日おめでとうエド」というロマンチックなメッセージを残した。

 インスタグラムにアツアツの写真をアップし、ファンからも「憧れ!」との声が多い2人。恋人とお揃いのタトゥーを入れて別れた後に修正しているセレブも多いだけに、心配の声もあがっているだけに、今後の2人の関係に注目したい。

This article is a sponsored article by
''.