スウェーデン王室のヴィクトリア王女が、自身の誕生日にH&Mのサンダルを履いて登場。

 一般人と恋に落ちて、諦めずに愛を貫いたスウェーデン王室のヴィクトリア王女。40歳の誕生日を迎えた日、外で誕生日を祝っていた人々の前にダニエル王子、長女のエステル王女とオスカル王子と共に現れた。

画像1: スウェーデン王女、誕生日にH&Mの4,500円のサンダルを履く

 家族全員で色を合わせて、爽やかなアイスブルーのワンピース姿を披露したヴィクトリア王女。ここで注目すべきは、その足元。

画像2: スウェーデン王女、誕生日にH&Mの4,500円のサンダルを履く

 じつはこのサンダルはH&Mのもので、日本では約4,500円で発売されているもの。ラッフルが付いたシルバーのストラップサンダルが、アイスブルーのエレガントなワンピーススタイルにアクセントになっている。

画像3: スウェーデン王女、誕生日にH&Mの4,500円のサンダルを履く

 H&M サンダル:4,499円

画像4: スウェーデン王女、誕生日にH&Mの4,500円のサンダルを履く

 家族で色を合わせたスタイリングは微笑ましく、素敵だと高評価を受けた。

H&Mを着用するのは初ではない

 ヴィクトリア王女は、2016年に弟の結婚式に出席した際H&Mのドレスを着たことで注目を浴びた。これは環境に優しいコレクションとして展開する「コンシャス コレクション」から、特注でドレス仕様にしたもの。

画像: H&Mを着用するのは初ではない

 H&Mはスウェーデンのブランドということもあり、ヴィクトリア王女は公務でもよくH&Mを着用しており、とくに「コンシャス コレクション」のアイテムを愛用している。

 誕生日という特別な日だからこそ、母国のブランドを身に付けたヴィクトリア王女からは強い愛国心が感じられる。

This article is a sponsored article by
''.