戦闘シーンが多いドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』に出演しているがゆえのある心配事とは?

台本の最後を必ずチェック

 世界中で大ヒットを記録しているドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』で、主要人物の1人であるティリオン・ラニスター役を演じる俳優のピーター・ディンクレイジ。シーズン1から同ドラマのメインキャストとして活躍するピーターが、戦闘シーンが多い同作品の出演者ならではある悩みを告白して話題に。

画像: 台本の最後を必ずチェック

 「毎シーズン、台本をもらったら必ず最終話の最後を確認するんだ。普通の本を読んでいる時はそんなことしないけど、(シーズンの最後で)自分の役が死んでいるかもわからないのに、落ち着いて第1話の1ページを読むことなんてできないよ」

 米Times誌のインタヴューでこう明かしたピーターは、自身の役がシーズン1から生き延び続けている理由についても言及。

 「彼(ティリオン)は賢いんだ。だからまだ生きている」

 自身の役柄が「賢い」おかげで、戦いのシーンが多い同ドラマに出演し続けることができていると語った。

 自分の役がもし死んでしまったら仕事を失うことになり、俳優にとっては死活問題。ピーターが、毎シーズン台本の最後を見ずにはいられない気持ちもよくわかる。

This article is a sponsored article by
''.