大きな衝撃を残して終わったシーズン1。人気急上昇中の学園サスペンスドラマ『リバーデイル』のシーズン2の予告編が公開された。

新シーズンの『リバーデイル』

 小さな町で起こった殺人事件と、複雑な人間関係が絡み合い視聴者をくぎ付けにしたシーズン1。

 そんなシーズン1の最終話は、K.J. アパ演じるアーチーの父親であるフレッドの身に衝撃の出来事が起きたところで終わった。多くの視聴者は、今後のストーリーがどうなっていくのか分からないもどかしさを抱えたままだったのでは。

画像: 新シーズンの『リバーデイル』

 フレッドが病院に運ばれるシーンから始まるシーズン2は、全22話になることが発表されている。父親の事件をきっかけに、これまでになかったアーチーの新たな一面を見ることができる、と息子役のアパは述べている。

 ますます謎が深まっていくストーリーの中で、主要キャラクターたちが成長していく部分にも注目していきたい。

成長していく主要キャラクター

 コール・プラウス演じるジャグヘッドは、転校先で自分自身を見つけ始め、彼の父親が所属するギャング集団「南部のヘビ」に加入する可能性があるそう。コールは、ストーリーが進むにつれさまざまな決断を強いられていくだろうと述べている。

画像: ジャグヘッド役のコール・スプラウス

ジャグヘッド役のコール・スプラウス

 ジャグヘッドと交際しているベティにも変化が。シーズン1でもたびたび描かれていたベティの闇の部分が、ベティをより苦しめていく。ジャグヘッドに支えてもらいながら、自身の闇と闘っていくさまが描かれていく。

画像: ベティ役のリリー・レインハート

ベティ役のリリー・レインハート

新キャラクターの登場

 以前フロントロウでも伝えたとおり、レジー役のロス・バトラーがスケジュールの都合上降板し、『glee』にも出演していたチャールズ・メルトンが代わりに演じることが決定している。

画像: ©_melton_

©_melton_

 また、シーズン2ではヴェロニカ役の元カレが登場するそう。ニューヨークからリバーデイルにやってきて、彼女を混乱させていく。制作総指揮を務めるロバート・アギーレ・サカサは、ヴェロニカの闇はベティの持つ闇より深いことを明らかにしている。

 他にも、ジャグヘッドが転校先で出会う女子生徒が新たに登場。「南部のヘビ」のメンバーであり、バイセクシュアルという役柄を、ヴァネッサ・モーガンが演じる。ジャグヘッドとどのように関わっていくのかは必見。

画像: 左がヴァネッサ。今後人気が集まっていくのでは。©VanessaMorgan

左がヴァネッサ。今後人気が集まっていくのでは。©VanessaMorgan

 日本ではシーズン1がネットフリックスで配信された『リバーデイル』。新シーズンは10月11日に全米で放送スタートする。

画像: Riverdale | Season 2 Sneak Peek [HD] | Netflix www.youtube.com

Riverdale | Season 2 Sneak Peek [HD] | Netflix

www.youtube.com

This article is a sponsored article by
''.