シンガーのセレーナ・ゴメスの現在の愛読書は、日本の偉人たちの句を集めたものだということが発覚。

 新曲「フェティッシュ」をリリースし、彼氏のザ・ウィークエンドともラヴラヴで仕事もプライベートも充実しているシンガーのセレーナ・ゴメス。そんなセレーナが最近、撮影でヘアメイクをしてもらっている姿をインスタグラム・ストーリーにアップ。

画像1: セレーナ・ゴメス、日本の偉人たちの句を集めた本が愛読書

 そこでセレーナが、今読んでいる本を公開。それは「Japanese Death Poems」という、一休宗純や正岡子規などの約320句を紹介したもの。

画像2: セレーナ・ゴメス、日本の偉人たちの句を集めた本が愛読書

 日本人は死ぬ前に時世の句を一句詠むと言われており、この本は日本の偉人たちの句を解説しつつ、日本の死生観を考えるという内容となっている。

 もともと読書が好きなセレーナは、かなり深い内容の本を愛読しているよう。

画像3: セレーナ・ゴメス、日本の偉人たちの句を集めた本が愛読書

 この「Japanese Death Poems」はamazonで購入が可能。気になる人はチェックしてみて

This article is a sponsored article by
''.