人気ドラマ『ゴシップガール』のセリーナ役ブレイク・ライヴリーとダン役ペン・バッジリーは、ドラマ内でも現実でも恋人同士だったけれど、撮影中に破局。けれど、周りは誰も気付いていなかったそう。

 今月の9月で放送開始から10年が経つドラマ『ゴシップガール』は、当時の爆発的人気は今も衰えず、多くの女子たちのバイブル的存在となっている。そんな『ゴシップガール』での愛されカップルだった、セリーナとダン。

画像: 『ゴシップガール』ブレイクとペン、破局後も周りは全く気付かなかった

 そんなセリーナとダンを演じていた、ブレイク・ライヴリーとペン・バッジリーは実生活でも恋人同士の時期があった。もともと11歳のころから知り合いだったという2人は、撮影をきっかけに急接近し交際。

画像: 2008年の撮影時。とても幸せそうなのが伝わってくる。

2008年の撮影時。とても幸せそうなのが伝わってくる。

 ドラマ内カップルが実生活でも交際するとあって、多くのファンからも「お似合い!」と憧れの声が挙がっていた。しかし3年間交際したのち、2010年に破局してしまった。

周りは誰も気付いていなかった!?

 2人が別れたのは撮影真っ只中。しかし、なんとキャストやスタッフは誰も2人が別れたことに気付かなかったそう。プロデューサーのジョシュ・サフランは、米ヴァニティフェア誌に「驚いたのは、シーズン2を撮り終った後にブレイクとペンが数ヵ月前に別れていたと知ったことだよ」と話した。

 「キャストやスタッフから完璧に上手く隠していたんだ。それって彼らが俳優としてどれだけ素晴らしいかっていうことだよね。だって、彼らは、個人的な問題を一切ドラマ内に持ち込みたくなかったってことだから」と、2人は別れたからといって態度を一切変えることなく、今までと変わらずに撮影に打ち込んでいたと明かした。

画像: 周りは誰も気付いていなかった!?

 確かに、2人が破局した2010年後の撮影の様子を見ていても、終始和やかなムードで行われていた。個人的なことで、現場の雰囲気を乱したくないという2人のプロフェッショナルな一面が垣間見られた。

This article is a sponsored article by
''.