イギリス王室のヘンリー王子と交際中のアメリカ人女優メーガン・マークルが王子との交際について初めてコメントした。

「私は私のまま」

 昨年から英王室のヘンリー王子と交際をスタートしたドラマ『SUITS/スーツ』の女優メーガン・マークル

 すでにロイヤル・ファミリーとも面会済みで、ヘンリー王子やウィリアム王子&キャサリン妃一家の住まいであるケンジントン宮殿でも顔パスだと報じられている彼女が、米ヴァニティフェア誌のインタビューでヘンリー王子との関係について赤裸々に語った。

A post shared by Vanity Fair (@vanityfair) on

メーガンが表紙を飾ったヴァニティフェア10月号の表紙。

 「報道される6カ月以上前から密かにデートを重ねていました」と、王子との交際開始からじつはすでに2年以上が経っていることを明かしたメーガンは、「私たちはとても幸せで、愛し合っています」と堂々の交際宣言。

 さらに、王子との熱愛発覚後、自身に対する世間の対応が著しく変化したのに対し、「(交際を始めてからも)私はずっと仕事をしてきたし、変わったのは人々の概念だけだと思っています。私自身に関してはこれまでと何ひとつとして変わっていません。私は私のまま。恋愛によって自分を定義することはありません」と王子と交際しても自分自身の本質は変わっていないことを強調した。

  

王子との交際を公言してこなかった理由

 これまで王子との関係を公にしてこなかったことについては、「いつかは人々の前で自分たちのことをお話するときが来るかもしれませんが、世間のみなさんには、これは私たちの時間だということを理解していただけることを願っています」と語ったメーガン。

「この関係は私たちのものであって、これは私たちの時間です。私たちの関係を特別なものにしているのは、そういった2人だけの秘密でもあります。私たちはとても幸せです」と、交際について大々的に発表せず、あえて秘密主義を貫くことで、王子とのロマンスを楽しんできたと明かした。  

親しい人たちの言葉以外は「すべて雑音」

 さらに、これまでに報じられている自身と王子の関係に関する報道に関しては、まったく見ていないと話すメーガン。

 「私はメディアの報道は一切見ません。(自分が出演する)ドラマに関する報道だってチェックしたことがないんです。私のことを本当に理解してくれている親しい人たちが、私をしっかりと繋ぎ止めておいてくれています。それ以外は、すべて雑音だと思っています」と芯の強さも見せていた。

画像: 親しい人たちの言葉以外は「すべて雑音」

 先月の誕生日には、バースデー旅行に出かけた南アフリカでヘンリー王子からプロポーズを受けたのではないかとのウワサも浮上しているメーガン。

 世界的に知名度の高い雑誌でここまでハッキリと熱愛宣言するとは、メーガンがロイヤル・ファミリーの仲間入りを果たす日は、そう遠くないかも。

This article is a sponsored article by
''.