ドラマ『ゴシップガール』の女優ケリー・ラザフォードがニューヨークの街中で一般人と気軽に交流する姿をとらえた。

 ドラマ『ゴシップガール』でセリーナの母リリー・ヴァンダーウッドセン役を演じたケリー・ラザフォードが愛犬を連れてニューヨーク市内でお出かけ。

 ケリーは上機嫌で、道端で男性に声をかけられると「可愛いでしょ」という風に愛犬を見せて男性と笑いながら立ち話。

画像1: 『ゴシップガール』女優、道でホームレス男性に声かけられ・・・
画像2: 『ゴシップガール』女優、道でホームレス男性に声かけられ・・・

 そんなケリーは横断歩道を渡っていた時にホームレスの男性に声をかけられると、男性と言葉をかわした後、お財布からお金を出す姿もあった。

画像3: 『ゴシップガール』女優、道でホームレス男性に声かけられ・・・
画像4: 『ゴシップガール』女優、道でホームレス男性に声かけられ・・・
画像5: 『ゴシップガール』女優、道でホームレス男性に声かけられ・・・

 元夫との親権裁判のために全財産を使い果たし、2013年に破産申告をしたケリー。結果的に裁判に負けて子供の親権を失い、元夫に1.5億円以上の養育費の支払いを求められていたが、今年に入って裁判所がケリーの支払い義務を免除する判決を出した。

 

※こちらの記事は名前に誤りがあったため修正しました。

This article is a sponsored article by
''.