インスタグラムのフォロワー世界一のセレーナ・ゴメスがある写真を投稿したことで、人気女優エル・ファニングに謝罪する事態になった。

インスタ世界一の影響力

 フォロワー数が1億2,000万人を超えるセレーナ・ゴメスのインスタグラムは、世界一フォロワー数が多いアカウント。
 多大な影響力を持つセレーナのインスタグラムが原因となり、セレーナが人気女優のエル・ファニングに謝罪する事態に発展している。

画像1: インスタ世界一の影響力

 セレーナとエルは、映画『カフェ・ソサエティ』などで知られる巨匠ウディ・アレン監督の新作映画で共演することが決定している。

 それを記念してセレーナが、エルのアカウントをタグ付けをしたエルの写真を自身のインスタグラムに投稿。
 これが瞬く間に拡散され、200万件以上のいいね!と7万件以上のコメントを獲得し、その通知がエルのもとにも届いた。

画像1: Instagram投稿の投稿者: Selena Gomezさん 日時: 2017  8月 26 9:10午後 UTC www.instagram.com

A post shared by Selena Gomez (@selenagomez) on

Instagram投稿の投稿者: Selena Gomezさん 日時: 2017 8月 26 9:10午後 UTC

www.instagram.com

 セレーナの投稿を知らなかったエルは、携帯に届く心覚えのないインスタグラムにつく膨大な数の通知に驚愕。
それがセレーナの投稿だとわかったエルは「何億とフォロワーがいる人が自分の顔にタグをつけて投稿するとこうなるのね」と、フォロワー世界一のセレーナの影響力を実感したという。

画像2: インスタ世界一の影響力

 じつはセレーナが投稿した当時は、まだ2人は直接会ったことがなかったのだそう。そんなこともあって、セレーナは後日エルと初対面した時に、勝手にエルの写真を載せたことを謝罪。

 とはいえ、セレーナの投稿のよって一気にフォロワーの数を伸ばして恩恵を受けたというエルだけに、むしろ「もっと投稿して」とセレーナに感謝の意を示した。


This article is a sponsored article by
''.