セレーナ・ゴメスとザ・ウィークエンドがついに犬を飼うことに。だが、批判している人が存在。一体なぜ2人は批判されているの?

セレーナ&ウィークエンドが犬を迎え入れる

先日フロントロウ編集部でもお伝えした、交際中のセレーナ・ゴメスザ・ウィークエンドがペットショップを訪れ、子犬と戯れる姿

画像1: セレーナ&ウィークエンドが犬を迎え入れる

 その後セレーナとウィークエンドは、ペットショップで戯れていたキャバリアという種類の犬にチャーリーと名づけ、家族として迎え入れた。
 お互いインスタグラムに家族として迎え入れたチャーリーの様子をさっそくアップし、はやくも溺愛している様子のセレーナとウィークエンド。

画像2: セレーナ&ウィークエンドが犬を迎え入れる

一部から批判が、一体なぜ?

 しかしセレーナとウィークエンドは、チャーリーを迎え入れたことにより、一部の人からある批判をされている。
 それは、シェルターや保護所から犬を引き取らなかったこと。
 アメリカでは、一匹でも多く安楽死から救いたいという思いでシェルターから犬を引き取り、家族として迎え入れる人も多く、ひとつのカルチャーとして海外では広く定着している。
 
 注目度が高いカップルだけに、思いがけず批判を受けてしまった2人だった。

This article is a sponsored article by
''.