ワン・ダイレクションを脱退したゼイン・マリクが、元メンバーであるハリー・スタイルズとの「微妙な関係」を明かした。

元メンバー同士も「あまり話したことない」

 元ワン・ダイレクションのメンバーで、現在はグループを脱退しソロ活動をしているゼイン・マリクが、昔の仲間についてUs Weekly誌のインタビューに語った。

 ゼインは、ワン・ダイレクションのメンバーとは今でも連絡は取り合っているものの、「昔みたいに24時間一緒にいるわけじゃないし、今はみんな個人がそれぞれ成長しているから、そんなに頻繁に連絡してないけど、気にはしているよ」と、昔よりコンタクトを取る回数が減ったことを告白。

画像1: 元メンバー同士も「あまり話したことない」

 さらにゼインは、メンバーのハリー・スタイルズとの関係に対して驚く発言が。

 「正直に言うと、ハリーとはグループ時代からあんまり話したことがないんだ。だから、(彼とは)これ以上の関係に期待してない」

 1D時代は、メンバー同士の仲睦ましい姿が印象的だったけれど、じつはハリーとゼインはほぼ会話をしていなかったことが判明。

画像2: 元メンバー同士も「あまり話したことない」

 ファンにとってはちょっぴり悲しい話かもしれないけれど、たしかに友人同士でも、3人以上の大人数になれば、人によって言葉を交わす回数が少なくなる相手が出てくるのは普通の話。

 オーディション番組から選ばれた5人で結成されたグループであったワン・ダイレクションだけに、今回のゼインとハリーの微妙な関係に理解を示す人も多い。

This article is a sponsored article by
''.