常に斬新なスタイルを提案し、唯一無二のデザイナーとしてファッション界の歴史を塗り替えているジェレミー・スコットが、『ワイルド・スピード』に出演したモデル兼女優とともに、自身のキャリア20周年を祝福した。

ジェレミー・スコットが20周年

 ビヨンセやジャスティン・ビーバーはじめ多くのセレブのスタイリングを担当した経験があるデザイナーのジェレミー・スコットが、今年でファッション界でのキャリアが20周年となる。

 多くのセレブから愛されるジェレミーがキャリア20周年を祝うi-D誌の特集で、その共演を選んだのは20年前から親交があるモデルのデヴォン青木。

画像1: ジェレミー・スコットが20周年
画像2: ジェレミー・スコットが20周年
画像3: ジェレミー・スコットが20周年
画像4: ジェレミー・スコットが20周年
画像5: ジェレミー・スコットが20周年

 デヴォンは、『ワイルド・スピードX2』に出演したことで知られるモデル兼女優で、人気DJのスティーヴ・アオキの妹でもある。

画像6: ジェレミー・スコットが20周年

 ジェレミーとの交友関係は長く、デヴォンが13歳の時に初めてキャットウォークを歩いたのがジェレミーのショーであり、出会いは20年前にさかのぼる。
 さらに、ジェレミーはデヴォンを「ミューズ」と呼び、彼女自身がインスピレーションとなったコレクションがあるほど。

画像7: ジェレミー・スコットが20周年

 そんな強い絆で結ばれている2人、じつはこうしてジェレミーのキャリアを祝うのは初めてではなく、10周年の時にも同じi-D誌の企画でジェレミーの軌跡を祝福している。

画像8: ジェレミー・スコットが20周年

 10年前と同じようにもう一度デヴォンとタッグを組むほど仲良しの2人は、ほかにも、最近は子育てでモデル業から距離を置いているデヴォンがわざわざジェレミーのパーティに駆け付けたり、ジェレミーがデヴォンの娘をスタイリングしたりするなど、微笑ましい関係が続いている。


画像9: ジェレミー・スコットが20周年

This article is a sponsored article by
''.