ドラマ『ウォーキング・デッド』で悪役ニーガン役を演じるジェフリー・ディーン・モーガンが、息子とゾンビとの初対面に大喜び。

 大人気のゾンビドラマ『ウォーキング・デッド』は、10月23日(月)にシーズン8の放送が決まり、放送開始までついに残り1ヵ月を切った。そんな中、悪役ニーガンを演じるジェフリー・ディーン・モーガンが、インスタグラムに微笑ましい1枚をアップ。

 ジェフリーが投稿した写真は、現在7歳になるオーガスタス君を撮影現場に連れてきて、ゾンビ役の人と談笑している時のもの。

画像1: 『ウォーキング・デッド』ニーガン役俳優、息子とゾンビの初対面に興奮

 ジェフリーは、「初めてのウォーカー。『ゾンビが話せるなんて知らなかったよ!』僕もだよ」とコメントを付けており、初めてゾンビ役の人と対面したオーガスタス君の反応は、怖いよりもゾンビが話せることにビックリしているというなんとも可愛らしいものだったよう。

 この写真をよ~く見てみると、ジェフリーの手には、ニーガンの凶器であるルシールと名付けられたバットが。このバットは、主人公リックたちの仲間を殺した、ファンからするとトラウマのようなアイテム。

画像2: 『ウォーキング・デッド』ニーガン役俳優、息子とゾンビの初対面に興奮

 劇中では冷血な最強の敵ニーガンを演じているジェフリーだけれど、実際は家族思いの良き父親。自分の息子を撮影現場に連れてきて、ゾンビと交流させてご満悦なジェフリーだった。

This article is a sponsored article by
''.