ドラマ『プリティ・リトル・ライアーズ』のルーシー・ヘイルが、ツイッターで男性に拒食症みたいと言われ、ブチ切れ。

 ガールズミステリードラマ『プリティ・リトル・ライアーズ』で知られる女優ルーシー・ヘイルが、つい最近ツイッター上である男性に体型のことで侮辱的なコメントを浴びせられた。

 それは、ルーシーがツイッターにアップした1枚の写真に寄せられたもの。

画像1: 『プリティ・リトル・ライアーズ』女優、拒食症ルックと言った男性に一蹴

 ルーシーが椅子に座って光を浴びている写真に対し、その男性はこのツイートをリツイートして「どんなストレートの男もこんな拒食症ルックはお断りだね。これはゲイの男とファッショニスタのルックスだよ。お願いだからハンバーガー食べてくれ」とコメント。

 これに対しルーシーは、「拒食症で以前苦しんだ経験があるからこそ、このコメントを受け流すことはできないわ。私は健康で幸せ、それにあなたは私のこと知らないでしょ」と一撃。

画像2: 『プリティ・リトル・ライアーズ』女優、拒食症ルックと言った男性に一蹴

 さらに続けて、「男性が女性に対してこんなひどい言葉を浴びせるなんて、気分が悪くなるわ。恥を知りなさい」とブチ切れ。

画像3: 『プリティ・リトル・ライアーズ』女優、拒食症ルックと言った男性に一蹴

 それでも怒りが治まらなかったルーシーは、この男性のツイートをスクリーンショットして、インスタグラムストーリーに、「全ての男性へ、絶対に、絶対に、女性に対してこんな口のきき方をしないでちょうだい」とのコメント付きでアップした。

画像4: 『プリティ・リトル・ライアーズ』女優、拒食症ルックと言った男性に一蹴

 これには、多くの女性たちから「あなたみたいな女性がいて心強い」「誇りに思うわ」と称賛のコメントが寄せられている。

 女性の体型を批判する「ボディ・シェイミング」はルーシーだけでなく、多くのセレブも被害にあっている。モデルのエミリー・ラタコウスキーは以前痩せすぎと批判されたり、女優のクロエ・モレッツも太りすぎと共演俳優から言われたりと、いまだに絶えない問題。

 自分が過去に拒食症を抱えたことがあるからこそ、このコメントに対して怒りを爆発させたルーシーは、自分の影響力を使って世の男性に、女性の体型に対しての考え方を改めるように訴えた。

This article is a sponsored article by
''.