『スター・ウォーズ』シリーズのルーク・スカイウォーカー役で知られる俳優のマーク・ハミルと、『天空の城ラピュタ』の知られざる接点とは一体!?

 今夜、金曜ロードショーで放送のスタジオジブリの名作『天空の城ラピュタ』と、映画『スター・ウォーズ』シリーズに出演する俳優マーク・ハミルに接点があることをご存じだろうか?

画像: ©1986 Studio Ghibli ©Twitter/kinro_ntv

©1986 Studio Ghibli
©Twitter/kinro_ntv

 マークといえば、『スター・ウォーズ』シリーズ初期よりメインキャラクターのルーク・スカイウォーカーを演じていることでおなじみ。でもそんな彼とジブリの名作に一体どんな関係があるというのだろうか。

画像: 今年12月に公開予定のシリーズ最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』にもルーク役で出演予定。

今年12月に公開予定のシリーズ最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』にもルーク役で出演予定。

 実は、日本だけにとどまらず世界中で大人気のジブリ作品は、各国で吹き替え版がリリースされている。その英語版『天空の城のラピュタ』で、主人公たちを追い詰める悪役ムスカの声の吹き替えを務めたのがマークだったのだ。

 ちなみに、『ラピュタ』のほかにも多くのジブリ作品の英語版がリリースされており、『崖の上のポニョ』には俳優のマット・デイモンやオスカー女優のケイト・ブランシェット、『ハウルの動く城』には映画『バットマン』シリーズの主演俳優クリスチャン・ベールといったそうそうたる顔ぶれが参加している。

This article is a sponsored article by
''.