今季のコレクションではトップブランドに引っ張りだこの16歳の2世モデル、カイア・ガーバーが元祖スーパーモデルの母親から学んだ「美の秘訣」を明かした。

大注目のモデル、カイア・ガーバー

 元祖スーパーモデルとして90年代のモデル界を牽引したシンディ・クロフォードの愛娘カイア・ガーバー。
 母親ゆずりの抜群のスタイルと愛らしいルックスで、ブランドからオファーが絶えない注目モデルの1人。

画像1: 大注目のモデル、カイア・ガーバー

 そんなカイアが、母親シンディから学んだ「美の秘訣」をTeen Vogue誌に明かした。

「なるべくシンプルに、余計なものがない方がいい」

画像2: 大注目のモデル、カイア・ガーバー

 とくに肌の調子が悪い時は、ついついスキンケアアイテムをつけすぎたり、化粧を重ねたりと、肌に“つける”ことばかりを気にしてしまいがち。
 しかしカイアが、母親から学んだ「美の秘訣」は、つけないこと。なるべくシンプルに、余計なものを使わないことだという。

画像3: 大注目のモデル、カイア・ガーバー

 母親シンディも以前、「私が自分の若い頃にアドバイスするなら、日焼け止めをつけて寝る前は化粧を落とすことね。昔の私は化粧を落とすことより、つけることばかりに興味を持っていたけど、今は娘のカイアに化粧は毎晩落としなさいって言っているわ」と、InStyle誌に語っている。

 カイアは母親シンディの後悔を教訓に、美の教訓をしっかり取り入れているよう。

This article is a sponsored article by
''.