今年で即位65周年を迎えたイギリス王室のエリザベス女王が毎朝食べているものって? (ヒント:日本でも手頃に手に入ります!)

シンプルすぎる朝食メニュー

 朝・昼・晩と、いつも贅沢な食事を楽しんでいそうなイギリス王室のエリザベス女王。確かにディナーは毎晩3コース形式の食事と決まっているけれど、朝食に関しては、毎日一般人と変わらないか、むしろそれより質素なメニューを好んでいることが明らかに。

 91歳にして、休みはクリスマスとイースターのみという多忙な日々を送るエリザベス女王が長年に渡り朝食に食べているのは、なんと、シンプルなシリアル!

画像1: シンプルすぎる朝食メニュー

 しかも、王室用に特別に作られたものなどではなく、日本でも購入ができる人気シリアルメーカーのケロッグ社のシリアルを愛食していると、11年間イギリス王室のお抱えシェフを務めたダレン・マクグレイディ氏が米Marie Claireに明らかにしている。

 女王は朝食に関しては、シェフに用意させるのではなく自ら準備をすることも。

 シリアルのお供は、お気に入り紅茶ブランド「トワイニング」のイングリッシュブレックファストか、ダージリンティーなのだそう。

画像2: シンプルすぎる朝食メニュー

 こちらも日本で1箱500円前後で販売されており、女王の朝食は意外にも安上がりだということが明らかに。

 もしかしたら、あなたの今日の朝食のほうがずっと豪華かも!? 

This article is a sponsored article by
''.