フィフス・ハーモニーとツアーを一緒に周っているベッキー・Gが、ファンと間違えられてボディーガードにステージ上から引き戻されるという珍事件が発生した。

 現在4人になって初めてのツアーを行っている大人気ガールズグループのフィフス・ハーモニー。そのツアーのオープニングアクトとして参加していたのが、女優兼シンガーとしてティーンから支持を得ているベッキーG。

 そんな彼女がフィフス・ハーモニーのブエノスアイレス公演で、あるハプニングにあった。

画像1: 人気シンガー、フィフス・ハーモニーの公演で警備員に連れ出される

 それは、フィフス・ハーモニーのダイナが、パフォーマンス中にボディスーツが破れてしまった時に、ベッキーが破れている部分をカバーしようとアルゼンチンの国旗を持ってステージ上に現れたときに起こった。

 これを見たボディーガードが、ベッキーのことを興奮してステージに上がったファンだと勘違いし、舞台袖に引き戻したのだ。

画像2: 人気シンガー、フィフス・ハーモニーの公演で警備員に連れ出される

 そのきっかけは、パフォーマンス中にフィフス・ハーモニーのダイナのボディスーツが破れてしまったこと。それに気づいたベッキーが、破れている部分をカバーしようとアルゼンチンの国旗を持ってステージ上に現れたところ、これを見たボディーガードが、ベッキーのことを興奮してステージに上がったファンだと勘違い。ベッキーを捕まえて舞台袖に引き戻してしまった。

 その後、ステージ袖で警備員ともめているベッキーを見ていたアリーが、彼女をもう一度ステージに戻し、ダイナの破れていた衣装の上からアルゼンチンの国旗を巻かせた。

 公演終了後、警備員に熱狂的ファンと間違えられたベッキーは「私があなたのNo.1のファンだということがわかったでしょ?」とダイナにツイート。


 軽いジョークで流したベッキーだけれど、まさかの珍事件にはびっくりだったに違いない。

This article is a sponsored article by
''.