リアリティスターのキム・カーダシアンがプライベートで写真を撮られる苦悩を激白した。

体形批判に怒り心頭

 今年で10周年を迎えたリアリティ番組『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』で一躍人気セレブの仲間入りを果たした、リアリティスターのキム・カーダシアン。どこへ行っても大勢のパパラッチやファンが殺到するほど大人気の彼女だが、それだけに悩みもつきない模様。

 先日放送された同番組のなかで、キムは自身がメキシコでバケーションを楽しむ姿を撮影した写真がインターネット上に出回っているのを発見したのだが、その内容を見て憤る様子を見せた。

 「意味がわからないわ。本当の私はこんなんじゃない! 注目を浴びるのはいつものことだけど、プライベートではごめんよ。(注目を避けるたけに)可能なかぎり用心してひっそりとしていたはずなのに、写真を撮られた。そしてその写真に写る姿が完ぺきじゃないと、世間はすぐ体形批判をして好き勝手に言うの。それが別に悪いことじゃないとみんなが思っていることに腹が立つわ」

画像: コチラが問題の写真。

コチラが問題の写真。

 番組内でこう怒りをぶつけたキム。俳優や女優と違いリアリティスターは私生活を売りにしている部分も多いが、体形批判はまた別の話。なかには、写真を加工して体形を修正した写真をSNSにアップする悪質なファンもおり、これにはキムの怒りも頂点に。

画像: 体形批判に怒り心頭

 「自分の体形がベストな状態にないことは私が1番わかっている。12週間、一切運動をしていないんだもの。でもそれは子宮の手術を2回に渡って受けたからよ。私自身、体形のことでものすごく悩んでいた。なのに、写真を加工して私の体をわざと細く修正して、それをネット上で拡散するなんてひどすぎる」

 有名人だけにその一挙手一投足がつねに世間から注目されるキム。しかし、あまりにも理不尽な体形批判に今回ばかりは黙っていられなかったよう。これには多くのファンから同情する声が集まっており、キムの言い分に世間も納得した。

This article is a sponsored article by
''.