みんながよく知る人気男性セレブたちが爪にマニキュアを塗っている「理由」とは?

1本だけネイルをした指に隠されたヒミツ

 突然ですが、多くの人気男性セレブたちが、爪にマニキュアを塗った写真をSNSにアップしている理由をご存じですか?

画像: 俳優のリアム・ヘムズワース。

俳優のリアム・ヘムズワース。

 彼らは決してオシャレのためにマニキュアを塗っているわけではない。実はこれ、毎年10月に行われる「ポリッシュド・マン(Polished Man)」というキャンペーンの一環で、ネイルをすることで児童虐待の防止および児童虐待に関する世間の関心を高めようという啓もう活動なのだ。

 同キャンペーンの公式サイトに掲載されている情報によると、全世界で18歳以下の子供のうち5人に1人が物理的、性的、精神的な暴力の被害にあっているという。また、性的暴力の場合は加害者の9割が男性で、多くの場合被害にあっている子供と知人関係にあるそう。

画像1: 1本だけネイルをした指に隠されたヒミツ

 本来、女性がすることが多いネイルを男性がすることで、周囲の注意を引き、会話のなかでその経緯について話すことを目的としている同キャンペーン。実はすべての指ではなく、上記の「5人のうち1人が虐待にあっている」という統計にかけて、1本の指だけにネイルをするという、深い意味合いも込められている。

  昨年は、映画『マイティ・ソー』シリーズで知られる俳優のクリス・ヘムズワースや、TV映画『ハイスクール・ミュージカル』の俳優ザック・エフロンがこのキャンペーンに参加している。

クリス・ヘムズワース

画像2: 1本だけネイルをした指に隠されたヒミツ

ザック・エフロン

画像3: 1本だけネイルをした指に隠されたヒミツ

This article is a sponsored article by
''.