モデルのケンダル・ジェンナーそっくりで、映画『スプリット』での演技で注目を集めたアニャ・テイラー・ジョイについてご紹介。

映画『スプリット』で話題に

 現在21歳のアニャは、映画『シックス・センス』で知られるナイト・シャマラン監督がメガホンを取り、ジェームズ・マカヴォイが23人の多重人格を持った男を演じた映画『スプリット』で、男に誘拐されてしまうケイシー役で出演。

画像: 映画『スプリット』で話題に

 その時の演技に注目が集まり、「この美女は誰!?」と話題になった。

画像: 映画『スプリット』本予告 www.youtube.com

映画『スプリット』本予告

www.youtube.com

あのモデルにもそっくり?

 アニャは、『スプリット』に出演する前から、モデルのケンダル・ジェンナーにそっくりとも言われていた。

画像: 確かに、きりっとした目や眉毛がケンダルに似ている。

確かに、きりっとした目や眉毛がケンダルに似ている。

 演技力だけでなく、その美貌でもファンを集めるアニャって、一体どんな子なの? そこで、今回はアニャのプロフィールからデビューの裏話までご紹介。

6人兄弟の末っ子

 パワーボートレーサーの父親、インテリアデザイナーの母親を持つアニャは、マイアミ生まれで6人兄弟の末っ子として育った。生まれてすぐ家族そろってアルゼンチンに移住するが、政治情勢が悪化したため6歳の時にイギリスに引っ越して生活をスタートさせた。

画像: 6人兄弟の末っ子

 当時スペイン語を話しており、英語は話せなかったアニャは、必死に英語を勉強して8歳の時には流暢な英語を習得。

女優になるために16歳で高校を中退

 学校で好きな授業は「演技」だったというアニャは、自然と女優になる夢を持つ。なんと14歳の時に自分で貯めたお金でニューヨークに行き、映画関係のコースを受講。小さいころから独立心が強い性格だったよう。

画像: 女優になるために16歳で高校を中退

 その後、イギリスであっていた学校のいじめが激しくなり、学校をやめて女優になりたいという気持ちがさらに強くなったアニャが取った行動は、両親に自分の気持ちを綴ったエッセイを書いて提出すること! 最初は両親は心配したけれど、アニャの必死の説得に負けて女優への夢をサポートすることに。その後アニャは本当に高校を退学。

モデルからキャリアをスタート

 そんなアニャはスカウトをきっかけに最初モデルとしてキャリアをスタートさせた。ある日道を歩いていたアニャは、後ろから黒い車がついてくるのを感じ、誘拐されるんじゃないかと走って逃げようと思った時に、その車に乗っていた男性に「止まってくれれば後悔はさせないよ!」と声をかけられたのがスカウトだったという。これがきっかけとなり、モデルの世界へ。

画像: モデルからキャリアをスタート

女優の道へ引っ張ってくれたのはあのドラマ俳優

 モデルを続けながらも、やっぱり女優になりたいという気持ちは強くなっていったアニャ。そんなアニャは仕事でドラマ『ダウントン・アビー』の出演者と撮影で一緒になり、ドラマに出演する俳優アレン・リーチと仲良くなる。

画像: 女優の道へ引っ張ってくれたのはあのドラマ俳優

 そこでアレンに女優になりたいことを伝えると、アレンはアニャの連絡先をエージェントに渡してくれたそう。その結果、アニャはミステリー映画『ウィッチ』の主演に抜擢!

注目映画に続々出演!

 アニャの知名度をぐっと広めた映画『スプリット』は、全米で3週連続1位を獲得する大ヒットを叩き出した。そんな『スプリット』には続編『グラス(原題)』があり、その作品にもアニャは出演が決定している。さらに、大人気映画『X-MEN』シリーズのスピンオフ映画『ニューミュータンツ(原題)』にも出演が決定しており、話題作に引っ張りだこ。

画像: 注目映画に続々出演!

 今後さらに活躍すること間違いなしのアニャは、これからも注目していきたい。

This article is a sponsored article by
''.